名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

食玩・カプセルトイ 装動/掌動

【装動を40体以上塗装してきたオレが語る重箱の隅をつつく改修ポイント】装動 仮面ライダーリバイ

投稿日:2021年12月24日 更新日: この記事は約6分で読めます。


装動シリーズは既に展開5年目で、毎年完成度が上がっているので、今年のリバイスは改修ポイントがすごく少ないです。

このリバイが去年のセイバーに比べて改善したポイントは・・・

装動 仮面ライダーリバイ 改修_1

D男さんちゃんと寝てますか?(クリックで拡大)

  • 肘関節にほとんど隙間がない。(セイバーまでは0.3ミリのプラバンを挟んで隙間を埋めていたが、その改修が不要になった)
  • ベルトの前後幅が狭くなり、胴体に密着している感じになった。(ゼロワンなどはドライバーの胴体側を削って薄くしていたが、その改修が不要になった)
  • 股間のパンツ部分と膝の付け根というか鼠径部の隙間がかなり狭くなった(セイバーまではパテで埋めてパンツ部分と膝の付け根の一体感を出すようにしていたがその改修が不要になった)
  • 足首の関節軸も目立たなくなった。(ここも、軸自体にパテを盛り付けて太らせるなどしてごまかしていたが、その改修だと足首の可動に一部影響するので悩んでいたが、その改修が不要になった)
  • 肘、膝の関節の丸穴が目立ちにくくなった(ここは装動でも一番改修すべきと思っていたポイントなので、素晴らしい改善と思う。完全に見えなくなってほしいが、安全基準とか強度の問題で出来ないのかも)

全体的に、セイバーに比べて、人体の自然なラインを再現するように、オモチャっぽさを如何に解消していくかに注力されているような印象です。担当者の工夫と熱意に頭が下がる思いです。

装動 仮面ライダーリバイ 改修_2

肉抜きはプラ素材である以上、しょうがないですよね(クリックで拡大)

今回の改修ですが、足の後ろ側の肉抜き穴埋めと、金型からの抜きの関係で、直線的になっている部分を、リューターで削ってなだらかにしたり、エポキシパテで埋めるなどして、ぬいぐるみを着た人体のラインに近づけていく作業が中心になります。上の写真の緑色の丸で囲んだ部分です。

装動 仮面ライダーリバイ 改修_4

比較用にマンモスゲノムを並べてみました(クリックで拡大)

フクラハギの肉抜き穴を埋める工作は相変わらず定番です。
それ以外に、膝の裏側に深く穴が空いているので、パテを埋め込み、関節の角ばっているところは、関節が割れてしまわないように厚みに注意しながらリューターでなだらかに削っていきます。ある程度、形が出たら神ヤスの#240~#400~#600~#800ぐらいの順番で表面を均(なら)しました。

装動 仮面ライダーリバイ 改修_3

丸穴自体は消滅したわけではないので、対応をしておきます(クリックで拡大)

先述のように、たしかに膝関節の丸穴は目立ちにくくはなったのですが、やはり穴が見えていないわけではないので、丸穴の上に薄いプラバンをかぶせて可動を確保した上で、エポキシパテで自然なラインになるように埋めていきます。

装動 仮面ライダーリバイ 改修_4

ちらっと見えてしまうところです(クリックで拡大)

これもセイバーまで同じ要改修ポイントであったのですが、肩関節の後ろ側に丸穴が見えてしまっています。セイバーに登場するライダーは割と肩アーマーに相当する部品が大きめなものが大半だったのでこの部分が目立たなかったのですが、リバイの肩アーマーは小ぶりなので、ここに0.3ミリのプラバンを上から貼って隠しました。接着剤で可動を殺さないように、中心部には接着剤がつかないように気をつけるのがポイントです。

装動 仮面ライダーリバイ 改修_5

トルクのあるリューターを持っていると改造が捗ります(クリックで拡大)

肘関節も四隅が角ばっているので、関節の強度を保つように注意しながらリューターで自然なラインになるように削っていきます。肘関節にも丸穴が残りますが、今回はパテ埋めしないでおきます。あまりいじりすぎると、見えないクラックが発生してしまい、塗装後に塗料が浸透してパッキリ折れてしまう事故が発生しやすい箇所です。

あとは、定番の胴体1ミリ延長ぐらいでしょうか。

by1のリバイは発売日付近の争奪戦が激しくて、自分も手に入れたれたのは発売してから2週間後ぐらいでした。おそらくスーパーのバックヤードから予備の在庫を出してきたであろうタイミングで運良く買えた、という感じで、その後はどこの店頭でも売ってるのを見たことが有りません。コロナ禍によるステイホームを強いられたことで、装動の需要も上がったりしたんでしょうかね。

もう少し改修して、塗装に入りたいですが、全体色のメタリックピンクをどのように調色しようか悩み中です。

■2022/1/8追記

装動 仮面ライダーリバイ 改修_5

あとからあとからブラッシュアップしたくなるところが出てきますね(クリックで拡大)

首の細い軸が見えるところをパテ埋めで隠し、後ろから見た足の付け根の一部が角ばっているモールドになっているので、パテで埋めてなだらかなカーブにして、自然なラインに。

後頭部、背中、お尻の部分に文字の刻印が入っているので、ヤスリで落としてなめらかにしておきました。

装動を30体以上塗装してきたオレが語る装動シリーズの魅力(前編)

装動 お手軽な改造で完成度をアップ!やり方を公開!

【ノウハウ】筆1本・1時間で仕上げる!装動 仮面ライダーバールクス部分塗装(塗装のコツを公開)

【装動を40体以上塗ってきたオレが 自分史上 究極の装動を作る!】装動仮面ライダーディケイド

 

-食玩・カプセルトイ, 装動/掌動

執筆者:

関連記事

Gフレーム ジム 開封レビュー

Gフレーム ジム 開封レビュー

コンビニで1体だけ売れ残っていたコイツを捕獲。 ヒロイックな体型のジムといえばMGのVer.1を思い出す(クリックで拡大) なぜかGフレームは連邦系が3体もある我が家。ゲルググがどこに行っても買えない …

創動 ラビットモンド

創動 仮面ライダービルド ラビットダイアモンドフォーム

今日の過去作画像は「創動 ラビットダイアモンドフォーム」(仮面ライダービルド)。 ラビタンでセットにしたかったんだけど、買えなかったので(クリックで拡大) 実は、これが自分にとっては創動のはじめてのア …

Gフレーム 陸戦型ガンダム

輝き撃ちも出来る!Gフレーム 陸戦型ガンダムに部分塗装してみた!

令和元年もあと半月ちょっとで終わりかあ。今年はゲルググに時間かけすぎて完成品の少ない年だったなあ。 食玩ガンダムとしては長寿の展開になりつつあるGフレームですが、このシリーズは部分塗装とスミ入れで化け …

自分史上究極の装動を作る!装動仮面ライダーディケイド

【装動を40体以上塗ってきたオレが 自分史上 究極の装動を作る!】装動仮面ライダーディケイド

新しいリューターを購入して装動の関節部分をくぼませるような加工を何体かやっていたら、急に「今までやってきた装動の改造プラスアルファの新しいトライを全部詰め込んだ究極の一体を造りてえ!」ってなったので、 …

Gフレーム ガンダム5号機 開封レビュー

Gフレーム ガンダム5号機 開封レビュー

Gフレーム06のガンダム5号機をいまさら開封。 突然スイッチが入るのはいつもの癖です(クリックで拡大) 今回は大振りなガトリングガンが特徴的。 男らしい装備です(クリックで拡大) バックパックから給弾 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。