名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル タカラ 1/35 ストロングバックス

タカラ1/35 ストロングバックスの関節を全とっかえしてポリキャップ化してみた

投稿日:2018年10月31日 更新日: この記事は約3分で読めます。


今日の過去作画像は「タカラ1/35 ストロングバックス」(装甲騎兵ボトムズ)。

ストロングバックス

正面図。なかなかイケメンでしょ?(クリックで拡大)

実はボトムズのプラモデルの最初のリリースはスコープドッグではなくてコイツだったんですね。当時はまだまだアニメ→プラモリリースのマーケティングも今ほどには成熟していなく、メカの設定が仕上がってから、そのメカが劇中でどれほど活躍するのか深く検討されることなく、商品リリースに至るケースもままあったようで、ストロングバックスは主役が搭乗するわけでもなく、劇中で印象的な活躍をした場面があったわけでもなく、はっきり行ってタダのちょい役というかモブみたいなもんでした。ですが、そういうマーケティングの未成熟さ故、主役・準主役のメカ以外のキットが手に入った訳で、それはそれでラッキーとも言えますね。

ストロングバックス側面図

側面図です。やはりイケメン。(クリックで拡大)

実はこのキット、発売当時も購入した記憶があるのですが、引っ越しのドサクサやらで紛失してしまいました。そんな訳でまんだらけで改めて入手したわけです。しかし30年以上前のキットのデカールがまだ使えたことにちょっと感動(笑)

ストロングバックス背面図

背面図(クリックで拡大)

本作の改修ポイントは、「膝、足首、腕周り、肩、腰の関節のポリキャップ化」「手首はHGUCドムから移植」「頭部アンテナを金属製部品に置き換え」「左右の腰のアーマーはスプリング接続に変更」といったところです。あとは全体的にモールドをBMCタガネで彫り直し。

ストロングバックス側面図

スコープドッグとは主に胴体の面構成と腕部が違います。(クリックで拡大)

これはまだウェザリングを施していない状態なので、表面がテカテカしています。この後、サビやらキズやら汚れやらをつけて、最終的にトップコートを吹き付ける予定。

ストロングバックス上面

今日はここまで。(クリックで拡大)

1/24のスコタコばかり有名ですが、1/35もなかなか味があるスタイリングで、ちょっと手を加えてあげれば十分に鑑賞に耐えうる出来になりますよ。

今日はそんな感じです。皆様楽しい模型ライフを!それでは!

ブログランキングに参加していますので良かったら応援お願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村

-プラモデル, タカラ 1/35 ストロングバックス
-,

執筆者:

関連記事

HGUCギャンリバイブ

HGUCギャンを射撃戦仕様に改造中(2)サフ吹き

スジボリの具合を見たくてまたもや雨の日なのにサフチェック。 下肢だけはHGUCガルバルディβ(クリックで拡大) 肩の丸いパーツは何もディティールが入っていなくて寂しかったけど、この曲面にきれいにスジボ …

HGUCザクⅡF2

HFUC F2ザク 基本塗装まで完了

前回の記事の最後にのっけた写真では関節をカーキみたいな色で塗ってたけど、本来はセンチネル系のザクの関節ってウォームホワイトみたいな色で塗っているのでそれを真似たかったのを失敗した結果だ。 自分の色のセ …

マックスファクトリーブロックヘッドデカール貼り

マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド(デカール貼り)

先日買ったGフレームの出来の良さに驚いています。可動良し、プロポーション良し、部分塗装も必要十分で食玩としては非常に完成度が高いです。これは部分塗装と整面で更に完成度を上げる工作をしたくなってしまいま …

HGUCジムカスタム量産型

HGUCジムカスタム量産型

今日の過去作紹介は「HGUCジムカスタム量産型」です。機動戦士ガンダム0083スターダストメモリーに登場した機体です。 割りとジオンスキーな自分ですが、ジムの主張のなさも好き。(クリックで拡大) これ …

HGUCジェガン

今日の過去作画像はHGUCジェガン(機動戦士ガンダム逆襲のシャアより)。 腰のところのパーツが一つなくなっているのに気が付きました(クリックで拡大) こちらはワタクシにとって思い出の一作なのです。 初 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。