名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル 食玩・カプセルトイ スーパーミニプラ トラッド11

スーパーミニプラ トラッド11を全塗装してみた

投稿日:2018年10月13日 更新日: この記事は約3分で読めます。


本日も過去作。スーパーミニプラ トラッド11(戦闘メカザブングル)の画像を掲載。

スーパーミニプラザブングル トラッド11

全身はこんな感じ(クリックで拡大)

写真ではわかりにくいけど、全高は5センチぐらいでしょうか。手のひらサイズです。

スーパーミニプラ トラッド11

上面図 肩部分の前後の張り合わせでできる合わせ目は消してあります(クリックで拡大)

関節はポリキャップなどは使っておらず、プラそのままの関節です。

スーパーミニプラ トラッド11

後ろから見るとこんな感じ ディティールは割とあっさりしている(クリックで拡大)

放映当時に発売されたプラモのザブングルシリーズはアニメの画面の情報量を大きく上回るディティールがモールドされていて、良い意味でのやりすぎ感があって新製品が発売されるたびにワクワクしたものでしたが、今回は当時のものよりはあっさり目のディティールです。でもこれはこれで良いですね。

もっとディティールの密度を上げたいモデラーはここから加工したりコトブキヤとかから出ているアフターパーツを取り付けてみても良さそう。

塗装は空気遠近法を意識しています

塗装は空気遠近法を意識しています。(クリックで拡大)

今回は小スケール(だいたい1/144?)のモデルなので、空気遠近法という考え方を意識した調色をしています。

空気遠近法=遠くのものは空気の影響でやや白っぽく見える ←荒っぽく言うとそういう意味だそうです。トラッド11本来の色にかなり多めに白を混ぜて塗っています。「遠くから見た」感じになってますかね?

側面図

側面図(クリックで拡大)

小スケールのモデルのいいところは、本気になってやれば会社から帰って寝るまでに「組み立て→塗装」までやれちゃうことですね。これも一日で仕上げました。作業時間は3時間ちょっとぐらいですね。

本日はそんな感じです。それでは!

スーパーミニプラ ギャロップタイプをデザートピンクで塗ってみた

過去の完成品にチッピングしてみた

ガンプラコレクション アッグガイ全塗装 楽しい・・・そして可愛い・・・

-プラモデル, 食玩・カプセルトイ, スーパーミニプラ トラッド11
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

HGUCベースジャバー

HGUCベースジャバー

実はもう7年ぐらい前に仮組みだけして放置してたやつを全塗装。 ユニコーンに出てたやつですね(クリックで拡大) 形状も非常に優秀で、パーツの精度もきっちり出ていて良キットでした。 モビルスーツのプラモ化 …

HGUCグフカスタム

HGUCグフカスタム(5)基本塗装

またしても調色に失敗気味 全体的に濃すぎる(クリックで拡大) F2を作ったときと同様、パネルラインに沿って色に変化をつけようとしたんだけど、薄い色と濃い色の変化をつけすぎてまたもやオモチャっぽい感じに …

掌動 仮面ライダーアマゾンオメガ

掌動 仮面ライダーアマゾンオメガ 部分塗装

近所のダイエーで奇跡的に、というか、転売屋が棚の奥に隠した個体をゲット。 見つけた時は見間違いかと思いました(クリックで拡大) 武器がついていないので箱の中身はシンプルな構成です。 本体と頭のパーツ、 …

マックスファクトリー アイアンフットF4Xヘイスティ

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ(仮組み)

ギャンは塗装直前でシールドの取り付け方法が決まらず足踏み状態。 気分を変える意味で、再販でやっと手に入ったコイツを仮組み。 イラストからしてかっこいい以外の何物でもない(クリックで拡大) 実は中古も含 …

1/144 旧キットMSVジムスナイパーカスタム

旧キット1/144ジムスナイパーカスタムのアルミ線接続(1)仮組み

GW1日目。旧キットを進めます。 連邦系も手を出したいってこともあり、ジムスナイパーカスタムを開封しました。 箱絵にストーリーを感じる(クリックで拡大) 入手できたのはZガンダム版の方でした。 こちら …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。