名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル 1/72 ブロックヘッド

マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド(デカール貼り)

投稿日:2019年1月3日 更新日: この記事は約3分で読めます。


先日買ったGフレームの出来の良さに驚いています。可動良し、プロポーション良し、部分塗装も必要十分で食玩としては非常に完成度が高いです。これは部分塗装と整面で更に完成度を上げる工作をしたくなってしまいますね!2箱で1体=合計千円という価格は食玩としてはちょっとばかり高いとは思いますが、これだけの完成度の立体物が手に入るんだからOKと思ってしまいます。この商品ラインはできるだけ長く続いてほしいなあ。個人的にはギャンがほしい。

前置きが長くなりましたが、ブロックヘッドのデカール貼りまで完了したので写真をアップします。

マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド

いやー頑張りました今回(クリックで拡大)

サフ吹き黒立ち上げのための下地塗装基本塗装と進めてきて、このデカール貼りまで終えたことで一応は見られるレベルになったんじゃないかと思います。

マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド

マグランチャーには連邦軍のマークを貼っています(クリックで拡大)

リベットモールドなどディテールを追加したことで、所定の位置に貼れていないものもありますが、概ね取説の指定通りの場所に貼れたんじゃないかと思います。タミヤのマークフィットが大活躍してくれました。

デカールのデザインは80年代テイスト(クリックで拡大)

結構苦労したポイントが、上の写真に写っている向こう脛の白いラインです。うまく曲面にフィットしてくれなくてシワを爪楊枝で押さえてなんとか平らにしましたし、長さが少々足りなかったので、ガイアカラーでラインを描き足しています。でもまあ、乾いてからはシワも描き足し部分もほとんど気にならないレベルに落ち着きました。

 マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド

安定感のあるドッシリとしたスタイリング(クリックで拡大)

実はこのデカール貼り作業は年末には終えていたのですが、他にもゲルググなども掲載したかったのでこのタイミングでの公開となりました。昨年に作ったプラモデルの中ではコイツが一番の出来じゃないかと思っています。この後はウェザリングとツヤ消しスプレーで仕上げなんですが、しばらくおいておこうと思います。

マックスファクトリー 1/72 アイアンフット ヘイスティ 完成!

マックスファクトリー 1/72 ソルティック ラウンドフェイサー

-プラモデル, 1/72 ブロックヘッド
-

執筆者:

関連記事

HGUCゲルググ サフチェック

HGUCゲルググのサフチェック

ゲルググはスジ彫りの大半が終わり、一度表面の状態を見たかったのでサフを吹いてみました。 どうでしょう?自分としてはまあまあかなと(クリックで拡大) これでもまだやや胴が寸詰まり気味に思えます。いくつか …

旧キットプロトタイプドム アルミ線接続

旧キットプロトタイプドムのアルミ線接続(2)

旧キットの「プラモを作ってる感」って半端ないですよね。楽しい。 右手が変(クリックで拡大) 全体的にサンディングが終わったのでアルミ線を通して立たせてみた。 この状態では不安定極まりない(クリックで拡 …

旧キット1/144 ザク強行偵察型_胴体の幅ツメ

旧キット1/144 ザク強行偵察型のアルミ線接続(2)プロポ調整

胴体の幅ツメと太ももの延長をしています。 胴体というか肩幅の詰めですね(クリックで拡大) アルミ線接続の場合は胴体の中をムクにして、アルミ線を固定しなければいけないので、胴体の上半分は5mmのプラ角棒 …

Get truth特装版 ダグラム

【素組レビュー】Get truth特装版 ダグラム

地元のTSUTAYAで確保できたので、さっそく組んでみました。 満足度高い(クリックで拡大) 目次1 ボックスアート2 ランナー構成3 組立説明書4 特徴的なパーツ構成5 三面図6 通常版との比較など …

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ(改修 その3 サフチェック)

表面処理の具合を見るためにサフって見ました。 キャノピーだけ塗ってあります(クリックで拡大) キットのままでもニコラエフの形状はすごく丁寧に再現されてると思うのですが、どうにもスマートすぎるというか、 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。