名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル 1/72 ブロックヘッド ◆ダグラム系◆

マックスファクトリー ブロックヘッド(サフ吹き)

投稿日:2018年11月19日 更新日: この記事は約3分で読めます。


どうもこんばんは。真実が見えない今日この頃です。

やっとまとまった時間が出来たので、ブロックヘッドのパーツ洗浄とサフ吹きまで出来た。

マックスファクトリー ブロックヘッドその1

サフ萌えという言葉がありますが、本当にサフ画像は良いですね(クリックで拡大)

この段階では特に新しい工作もほとんどしていないのであまりコメントはないのですが、強いて言えば、足元のディティールをちょっと継ぎ足しています。

プラ材を貼り付けて、情報量をアップしています。今回は脚部分に色々と細工をしたけれども、サフを吹いて色が統一されると見栄えが良くなったのが分かりテンションが上がります。ヘタッピなりにね(笑)

マックスファクトリーブロックヘッドその2

ガワラですよねえ(クリックで拡大)

胸のアーマーの横のところに追加したリベットもこの角度で見るといい感じになっています。自画自賛でウットリしてしまう(←バカ)

マックスファクトリーブロックヘッドその3

マグランチャーが太ましいところもこのキットの良さですね(クリックで拡大)

明日からは塗装に入れるといいなあ。どのような塗装をするかはまだノープランですが、黒立ち上げで、今回は筆塗りじゃなくてエアブラシでやる予定です。

ブロックヘッド 肩アーマー部分

スジボリを頑張ってみました(クリックで拡大)

今回苦労したポイントは肩アーマーのスジボリ。電ホビの作例を真似して、このキットの膝アーマーの勘合を参考にして、2種類のパーツが噛み合ってはまっているという解釈で彫り込んでみました。二つの面をまたぐスジボリはきちんとそれぞれの面に掘られたスジボリの整合性というか、それぞれがきちんとつながっているところのつじつま合わせがちょっとだけ大変でした。いい経験になりましたけどね。スジボリは数をこなしていくと精度が上がり、もっと色んな種類のスジボリができるようになると思うので精進していきたいと思います。

マックスファクトリーブロックヘッドその4

大きな傷はなさそう(クリックで拡大)

今日はそんな感じです。

マックスファクトリー ブロックヘッド(基本塗装)

マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド(デカール貼り)

マックスファクトリー ブロックヘッド(下地塗装)

 

-プラモデル, 1/72 ブロックヘッド, ◆ダグラム系◆
-

執筆者:

関連記事

タカラ1/35ストロングバックス

タカラ1/35 ストロングバックスの関節を全とっかえしてポリキャップ化してみた

今日の過去作画像は「タカラ1/35 ストロングバックス」(装甲騎兵ボトムズ)。 正面図。なかなかイケメンでしょ?(クリックで拡大) 実はボトムズのプラモデルの最初のリリースはスコープドッグではなくてコ …

旧キット 1/144ジムスナイパーカスタム

旧キット1/144ジムスナイパーカスタムのアルミ線接続(2)脚部接続

連邦系と言うかジム系は直方体の組み合わせなので、ヤスリがけが楽ですね。 ノーマル状態だと胴体が寸詰まりに見えてしまう(クリックで拡大) 基本、アルミ線接続の時は旧キットのパーツ形状を味わいたいのでプロ …

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

HGUCゲルググキャノンをトーマス・クルツ機として仕上げました。主な改造個所はスカートアーマーの大型化、胴体および太股の延長、太股の幅増し、全体的なスジボリ追加などです。

1/100ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(←ちょっと何言ってるかわからない)

でっきるっかなでっきるっかな♪ハテハテフムー♪ ワシの初のSPTモデリングはガンステイドになりました(滝汗) このイラストがそそるよねえ(クリックで拡大) もともとGフレームは大好物だったので、「きっ …

メルジーネ

1/35 メルジーネ(マシーネンクリーガー)

今日の過去作画像は「1/35 メルジーネ」(マシーネンクリーガー)です。 このカラーリングから何かを感じ取ってください(クリックで拡大) 実はこのメルジーネ、スコープドッグを模したカラーリングにしてあ …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。