名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HG バルバトスルプス

HGガンダムバルバトスルプス

投稿日:2018年12月3日 更新日: この記事は約3分で読めます。


「オルガ、次は何をすればいい?」「合わせ目消しやっといて」

ワタクシも合わせ目を勝手に消しておいてくれる相棒がほしいです。

今日の過去作画像は機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズより「HGIBO ガンダムバルバトスルプス」。

バルバトスルプスその1

ガンダムフレームがこのサイズで再現されてるところがすごい(クリックで拡大)

このキット、1/144サイズでガンダムフレームに外装を被せていく構造が再現されているのはそれはそれですごいんだけど、自分の組み立て方が悪いのか単なる個体差なのか、完成してから、肩関節やら腰の前後にスイングする関節がユルユルになって立ち姿が安定しない。モヤモヤする。。。

バルバトスルプスその2

ウェザリングはガンダムマーカーで雨だれ風のウェザリングもやっています(クリックで拡大)

今回はじめての試みで、スポンジによるチッピングと、ガンダムマーカーとガンダムマーカー消しペンで雨だれ風の汚しに挑戦してみました。ストレーキってやつですかね?ちょっとチッピングは加減がわからずやりすぎてしまった感じがして、そこまでの表面処理を丁寧にやっただけに最後の最後で失敗したような気がして凹みました(泣)基本塗装も、外装の白い部分をグレーと白の2色で塗り分けて質感の差を出したり、ガンダムフレームをシルバーと黒鉄色で塗り分けたりと情報量をアップする感じで仕上げていたんですけどね。

バルバトスルプスその3

両腕のキャノンは別売りのオプションパーツセットです(クリックで拡大)

「バルバトスはきっとミカヅキたちも丁寧に磨いたりしなくて、キズやサビはそのまま放置してるような運用だろうから思いっきりやったれ!」ってな勢いでやってみたのですが、完全にやりすぎちゃいましたね。こういうのは隠し味程度につけるのが良いんでしょうね。

バルバトスルプスその4

爆発のエフェクトが似合うガンダムですよね(クリックで拡大)

マーキングシールはモデルグラフィックスの付録でついてたやつを使いました。鉄華団マークがカッコいい。バルバトス系は他にもいろいろキットが発売されているので、別の形態でリベンジしたいと思います。とはいえ、ルプスが一番かっこいいと思うんですけどね。

今日はそんな感じです。皆様楽しい鉄華団ライフを!

HFUC F2ザク デカール貼りと仕上げ

BB戦士三国伝 曹丕(そうひ)ガンダム

-プラモデル, HG バルバトスルプス
-

執筆者:

関連記事

HGUCギャン砲撃戦仕様

HGUCギャンを射撃戦仕様に改造中(3)サフ吹き2回め

細部を調整して2回めのサフ。 肩から動力パイプを生やしてみた(クリックで拡大) 全体的に、ギャン本体に追加したパーツと本体の統一感を出すために色々と工作した。 今回のディティール追加箇所(クリックで拡 …

旧キット 1/144ジムスナイパーカスタム

旧キット1/144ジムスナイパーカスタムのアルミ線接続(2)脚部接続

連邦系と言うかジム系は直方体の組み合わせなので、ヤスリがけが楽ですね。 ノーマル状態だと胴体が寸詰まりに見えてしまう(クリックで拡大) 基本、アルミ線接続の時は旧キットのパーツ形状を味わいたいのでプロ …

1/60 ツヴァーク

老眼のくせにユニオンモデル 1/60 ツヴァークのディティールアップしちゃった件

今日の過去作画像はユニオンモデルから出ていた1/60ツヴァーク(装甲騎兵ボトムズ)。 今日もボトムズのプラモ。(クリックで拡大) ほとんどノーマル状態のように見えるかもしれませんが、色々と手を加えてい …

旧キット高機動型ザクⅡアルミ線接続

06R大地に立つ! 旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡのアルミ線接続(2)

楽しすぎる旧キット弄り。 どうでしょうこのゴリラ体形(クリックで拡大) 関節以外にいじったのはフンドシ部分を前側に延長したのと、肩幅の詰めぐらい。 あとは右肩のシールドがちょっと薄くて頼りなかったので …

HGUCギラ・ドーガ

HGUCギラ・ドーガ

HGUCギラ・ドーガ(機動戦士ガンダム逆襲のシャア)です。 ザク系のくせにイカツイですよねコイツ(クリックで拡大) これも10年以上前の作品になります。ホント、この時期は丁寧に表面処理していたんだなあ …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。