名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HG バルバトスルプス

HGガンダムバルバトスルプス

投稿日:2018年12月3日 更新日: この記事は約3分で読めます。


「オルガ、次は何をすればいい?」「仮組みしといて」

ワタクシも合わせ目を勝手に消しておいてくれる相棒がほしいです。

今日の過去作画像は機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズより「HGIBO ガンダムバルバトスルプス」。

HGガンダムバルバトスルプス

ガンダムフレームがこのサイズで再現されています(クリックで拡大)

このキット、1/144サイズでガンダムフレームに外装を被せていく構造が再現されているのはそれはそれですごいんだけど、自分の組み立て方が悪いのか単なる個体差なのか、完成してから、肩関節やら腰の前後にスイングする関節がユルユルになって立ち姿が安定しない。

HGガンダムバルバトスルプス_2

ウェザリングはガンダムマーカーで雨だれ風のウェザリングもやっています(クリックで拡大)

今回はじめての試みで、スポンジによるチッピングと、ガンダムマーカーとガンダムマーカー消しペンで雨だれ風の汚しに挑戦してみました。ストレーキってやつですかね?ちょっとチッピングは加減がわからずやりすぎてしまった感じがして、そこまでの表面処理を丁寧にやっただけに最後の最後で失敗したような気がして凹みました(泣)基本塗装も、外装の白い部分をグレーと白の2色で塗り分けて質感の差を出したり、ガンダムフレームをシルバーと黒鉄色で塗り分けたりと情報量をアップする感じで仕上げていたんですけどね。

HGガンダムバルバトスルプス_3

両腕のキャノンは別売りのオプションパーツセットです(クリックで拡大)

「バルバトスはきっとミカヅキたちも丁寧に磨いたりしなくて、キズやサビはそのまま放置してるような運用だろうから思いっきりやったれ!」ってな勢いでやってみたのですが、完全にやりすぎちゃいましたね。こういうのは隠し味程度につけるのが良いんでしょうね。

バルバトスルプスその4

爆発のエフェクトが似合うガンダムですよね(クリックで拡大)

マーキングシールはモデルグラフィックスの付録でついてたやつを使いました。鉄華団マークがカッコいい。バルバトス系は他にもいろいろキットが発売されているので、別の形態でリベンジしたいと思います。とはいえ、ルプスが一番かっこいいと思うんですけどね。

今日はそんな感じです。

HFUC F2ザク デカール貼りと仕上げ

BB戦士三国伝 曹丕(そうひ)ガンダム

-プラモデル, HG バルバトスルプス

執筆者:

関連記事

1/100 ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。 通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大) こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。 真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリック …

1/72 マックスファクトリーブロックヘッド

マックスファクトリー ブロックヘッド(基本塗装)

今年最後の完成品、ブロックヘッドですが、基本塗装とスミ入れまでが完了しています。 事前に丁寧に表面処理をしたのが塗装をすると報われますね(クリックで拡大) 腰部分のアーマーに施したリベットとか、足首部 …

旧キット1/144 MS06R 高機動型ザクⅡ

06R大地に立つ! 旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡのアルミ線接続(3)サフチェック

天気が悪い日にサフ吹きをしましたよ。 アルミ線接続は最終的に固定するまでは不安定で立たすのが大変です(クリックで拡大) モノアイはseriaで買ったジュエルシールで、ちょっと奥に引っ込んだような位置に …

1/35 OBSOLETE 武装エグゾフレーム

1/35 OBSOLETE 武装エグゾフレーム ディテールアップ(完成)

一旦、デザートピンクの迷彩を筆塗りでやってみて、ウェザリングしたらあまりにも汚い見た目になったので。。 めちゃくちゃ時間かかったのに(クリックで拡大) あまり面白みはないがグレーに塗り直してみました。 …

タカラ1/35 SAK ストロングバックス

タカラ1/35 ストロングバックスの関節を全とっかえしてポリキャップ化してみた

今日の過去作画像は「タカラ1/35 ストロングバックス」(装甲騎兵ボトムズ)。 正面図。なかなかイケメンでしょ?(クリックで拡大) 実はボトムズのプラモデルの最初のリリースはスコープドッグではなくてコ …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。