名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル 1/100 ガンステイド Gフレーム

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

投稿日:2019年12月8日 更新日: この記事は約4分で読めます。


フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。

1/100ガンステイドその

通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大)

こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。

1/100ガンステイドその2

真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリックで拡大)

いつもこういうミキシングを作る時に「最終組み立て段階で関節がパキっと折れなないといいなあ」と恐る恐る組み立てるんだけど、Gフレームを芯にしているのでその心配はなかった。頑丈でヘタりもあまりない。

1/100ガンステイドその3

一応、胴体とランドセルはネオジム磁石で接続してますが、まあ二度と分離させることはないでしょう(クリックで拡大)

今回、塗装は一つの試みとして、グレー部分(アーマーと関節)はNAZCAのメカサフをほぼ調色せずにそのまま吹き付けています。下地が透けないし、色がとても良いので調色の必要を感じなかったからです。
そもそもサフなので、下地も要らないしね。

ガンステイドの骨組みのGフレーム

スネ部分は取り外し出来ません(クリックで拡大)

フレームのサフ吹き時の写真。モモ上部にキットでは省略されたディティールをつけ足しているのが分かる写真。

1/100ガンステイドアーマー無しVer.

格闘形態?(クリックで拡大)

アーマーを着込む前の状態の写真はこんな感じ。関節など所々まだ塗装できていない段階のもの。

1/100ガンステイドその4

ザクと比べてますがスケールは異なります(クリックで拡大)

HGUCのザクと比べてもこの小ささ。ガンステイドは1/100、ザクは1/144なので、これでもガンステイドの方が縮尺的には大きめなんですね。wikiによると設定身長は9.68メートルだそうな。

1/100ガンステイドその5

ナラティブさんと(クリックで拡大)

ナラティブガンダムと並べてみるとこんな感じ。どちらもフレームのおかげで自然な立ち姿が実現。Gフレは所有満足度が高いシリーズだねえ。

過去記事:Gフレーム ナラティブガンダムに部分塗装と小改修してみた

1/100ガンステイドその6

高橋良輔監督作品のメカって逆三角形のデカールがよく似合う気がする(クリックで拡大)

主な加工としては、

・両肩のランチャーっぽい武器の銃口部分はコトブキヤのアフターパーツに置き換え

・拳はGフレームのものを使用。ナックル部分は土台をプラ板でこさえて、アフターパーツのトゲを貼り付け

・キットでは省略されていたフトモモ前面のディティールを追加

・キットではフトモモ内側は巨大な肉抜き穴になっていたが、パテで埋めた

・デカールはMGグフVer.2.0用のものを流用

・バックパックと本体はネオジム磁石接続化

といった感じ。

やり切った感すごい。

ガサラキ 1/35 シンデンアーマー(仮組み)

1/100 機甲猟兵ザウエルを関節全とっかえしてカッコよくしてみたぁぁ!

-プラモデル, 1/100 ガンステイド, Gフレーム
-

執筆者:

関連記事

タカラ1/35ストロングバックス

タカラ1/35 ストロングバックスの関節を全とっかえしてポリキャップ化してみた

今日の過去作画像は「タカラ1/35 ストロングバックス」(装甲騎兵ボトムズ)。 正面図。なかなかイケメンでしょ?(クリックで拡大) 実はボトムズのプラモデルの最初のリリースはスコープドッグではなくてコ …

アクティックギア ファッティー

過去の完成品にチッピングしてみた

プラモ歴が長い割になかなか上達しないワタクシですが、特に苦手な分野のひとつとしてウェザリング塗装があります。どうにも自然な感じの汚れにならないんですよね。 しかし、プラモ作りの作業の大半は「習うより慣 …

Gフレーム ドム開封レビュー

Gフレーム ドム 開封レビュー

Gフレーム11でドムが再録になったので、紹介しますよ! 外箱を見るだけでワクワクが止まらない(クリックで拡大) 内容物はこんな感じ。 付属武器はジャイアントバズとヒートサーベルのみ(クリックで拡大) …

1/100ガンステイドをGフレームでカッコよく

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その2)

前回勢いでやり始めちゃったガンステイドのGフレーム化ですがそこそこ順調に進んでおりんす。 机の上はヤスリカスで汚い(クリックで拡大) 写真だとどっしり構えてるように見えるけど、ほとんどのパーツはまだ固 …

マックスファクトリー 1/72 アイアンフット ヘイスティ

マックスファクトリー 1/72 アイアンフット ヘイスティ 完成!

ウェザリングを施して、完成とします。 汚しを頑張りました(クリックで拡大) 白い装甲の部分にはサビと擦れの表現としてエヴォサフのオキサイドレッドをスポンジでこすりつけて表現。 もてる技術を駆使してやり …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。