名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

食玩・カプセルトイ 装動(仮面ライダー)

筆1本・1時間で仕上げる!装動 仮面ライダーバールクス部分塗装(塗装のコツを公開)

投稿日:2020年8月24日 更新日: この記事は約7分で読めます。


最近は装動を仕上げるのにいちいちマスキングしてエアブラシ始動するのがちょっとめんどくさいのもあり、筆塗りだけで仕上げられないかと模索中。

比較的塗装が楽そうなバールクスを筆塗りだけで仕上げてみました。

今回はそのやり方とコツをご紹介します。

装動 仮面ライダーバールクス1

お前たちの平成って醜くないか?(クリックで拡大)

今回使用した塗料たちはコチラ!

装動バールクスの塗装に使った塗料

やはり新しい塗料は隠蔽力が高いので使いやすい(クリックで拡大)

左から、ベルトと両腕のウォッチ部分に使ったシルバーはガイアの鉄道模型用カラーのステンレスシルバー、顔面や足首部分のゴールドに使ったガイア32番のバールゴールド、ジクウドライバーの白部分はサーフェイサーエヴォのホワイト、背中の時計ベルト部分はサーフェイサーエヴォのオキサイドレッドにカーキを混ぜたもの、顔面の「ライダー」文字部分はMr.メタリックカラーGXのメタリックレッド、足裏とフクラハギ部分の肉抜きを埋めたパテ部分はMr.カラーGXのウイノーブラックで補っています。

装動の追加塗装を30体以上仕上げている経験から、筆塗り塗装で装動を仕上げるコツなどを書いてみたいと思います。(ラッカー系塗料での筆塗りを前提としています。)

装動を筆塗りで仕上げるときのコツ1(塗料選び)

なるべくガイアとかMr.カラーGXなどの新しめというか最近にリリースされた塗料のほうが隠蔽力が高く、下地を作らずに一発塗りで発色する可能性が高いです。

どうしてもダメならやはり下地を作ってマスキングしてエアブラシが良いですが、装動のサイズだとマスキングテープの隙間から塗料が入り込む可能性が高く、結局リタッチしてフォローしなきゃならないので、最初から筆塗りで完結する方向でやるほうが精神衛生上良いです。

装動を筆塗りで仕上げるときのコツ2(塗料の濃度と筆選び)

装動の塗装に使った面相筆

この筆、何年も使ってます(クリックで拡大)

筆はどういう銘柄のものを買ったのか忘れましたが、こんな感じのものを使っています。

筆のコシの強さと塗料の濃度のバランスが筆塗りでキワの部分の塗り分けがうまくいくかどうかの重要な要素です。

塗料はガイアのモデレイト溶剤(リターダー)で薄めますが、エラブラシで使うときよりはちょっと濃い目に調整するのがコツ。

あまり薄いと色が乗ってくれないし、濃すぎると筆が思うように滑ってくれず、仕上がりがデコボコになる。

気持ちよく筆が滑ってくれる濃度と、筆のコシの強さのバランスを見つけていきましょう。3体も塗ればだいたい慣れます(笑)

エアブラシの場合、「ドリンクヨーグルトぐらいの濃度(ちょっとトロッとしている)だと詰まりやすくてうまく吹けない。牛乳程度の濃度に薄めて」とか言われますが、装動の筆塗りならドリンクヨーグルトレベルをちょっと薄めたぐらいで丁度いいです。

そのへんの塩梅は慣れていくしかないとも言えます。筆も自分の力加減にベストフィットするものが見つかったら、同じものを何本かストックしておくと良いです。

模型店でも筆は売っていますが、世界堂などの画材屋さんにも良い筆が売ってますよ。

装動を筆塗りで仕上げるときのコツ3(ハミダシはスミ入れでごまかせる)

で、塗り分けのキワの部分ですが、実はちょっとしたハミ出しならあまり気にしなくて良いです。

エナメル塗料でスミ入れすれば、くぼんだ部分にスミが回り込んでくれて、結果きれいに塗り分けられているように見えるのです。

よっぽど近くに寄らなければ塗った本人しか気づかないレベルのはみ出しは、他人からは気が付かないのです(笑)

装動を筆塗りで仕上げるときのコツ4(筆のメンテナンス)

塗料を付ける、付着した塗料を落とすためにツールクリーナーに浸すなどの行為は筆に結構な負担を強いています。

可能なら、筆用のリンスを使って筆のコンディションを良好に保っておきましょう。(今日amazonで確認したら、110mlのサイズで1,100円でした)

筆用のリンス

正確には洗浄液+リンス機能みたいですね(クリックで拡大)

筆のコンディションが一定に保たれていないと、力加減を間違えて大きくハミ出したりして、失敗が増えます。

そんな感じです。他にも「乾燥時間を十分に取らないと指紋がつくぞ!」とか「息を止めて利き腕を胸に密着させて一気に筆を滑らせる」などの現場チックなコツはあるのですが、文章化しにくいのと長くなりそうなので今回はやめておきます。


 

因みにこのバールクスは1時間ちょっとで仕上がりました。

装動 仮面ライダーバールクス2

リボルケイン!(クリックで拡大)

実はジオウの映画は一度しか視ていなくて、このバールクスにはあまり思い入れがないので、フクラハギの肉抜き穴を埋める作業はしたものの、頭部のツノ部分の削り込みはパスしました。ここをやると表面処理も含めて結構時間がかかるので。

装動 仮面ライダーバールクス3

シールに頼る部分は割り切って頼る(クリックで拡大)

ジクウドライバーの真ん中の文字盤の部分と、左右のライドウォッチ部分はシールのウォッチ部分を切り取って使っています。ここも塗り分けできないことはないけど、結構時間もかかるし、シールを使ってもそこそこ見栄えはするのでOKかと。

装動 仮面ライダーバールクス4

「さらばだ、ジオウ! 替え玉の王よ!!」(クリックで拡大)

肩アーマーを接続している軸の部分はゴールドに塗装されていなく、浮いて見えるのでゴールドを載せておく。

装動 仮面ライダーバールクス5

背面の時計ベルト部分の調色は地味に大変でした(クリックで拡大)

バールクスはジオウ系のライダーの中でも追加塗装が必要な箇所が少なく(つまりシールも少ない)、塗装のデビュー戦には選びやすいライダーかも知れない。マスキングが必要なほど塗り分けが難しい場所もほぼない。

装動 仮面ライダーバールクス6

「平成ライダー自体に意味がないからな」(クリックで拡大)

今日はそんな感じで。

装動そのものが毎年進化してるので、追加塗装もやりがいがありますね。

装動 お手軽な改造で完成度をアップ!やり方を公開!

塗ってみたらカッコ良かった!装動 仮面ライダーザモナス

100均 セリアのブラスチック製の整理箱が装動の収納ケースとして完璧だった!

100均ストア セリアのブリキコンテナが装動の撮影小物にピッタリだった!さらに意外な使い道まで!

フィギュアライズエフェクト バーストエフェクト

 

-食玩・カプセルトイ, 装動(仮面ライダー)
-,

執筆者:

関連記事

装動ライドストライカー

装動ライドストライカーに部分塗装してみた

今日は装動のライドストライカー(仮面ライダージオウより)を部分塗装したので写真アップです。 腕時計を大胆にモチーフにしたごっつい造形です(クリックで拡大) 昨年発売された創動のマシンビルダーでは2箱で …

掌動仮面ライダーデルタ

SHODO-O 仮面ライダー3 仮面ライダーデルタ部分塗装

掌動のデルタ。今回も小型フィギュアーツかってぐらいクオリティ高い。 シンプルな白と黒だけの色構成(クリックで拡大) まずは前面の塗装箇所は、こんな感じ。 前面はほとんど塗装されています(クリックで拡大 …

Gフレームジム改造 ジム・ライトアーマー

Gフレームのジムを改造してジム・ライトアーマーに!(4)完成!

塗装、マーキング、トップコートやって完成。 今回は黒い背景で撮影してみました(クリックで拡大) やはり今回も赤の下地として、ガイアのピンクサフを使った。プラへの食いつきもいいし、上に載せた赤の発色もバ …

掌動仮面ライダーブレイド

掌動 仮面ライダーブレイド 部分塗装

割と平成前期ではかなり好きな方に入るライダーのブレイドが掌動で発売されたので、軽くレビューしつつ部分塗装。 箱の前面と後面(クリックで拡大) ストロンガーが手に入らなかったので、とりあえずブレイドと拡 …

創動アーマータイプガーディアン

創動アクションガーディアンズ

今日は創動シリーズから、敵の戦闘員だけの弾が出て大いに話題になったアクションガーディアンズから塗装済みの2体の写真を掲載。 正面図。服の皺などがよく表現されてます。(クリックで拡大) まず1体目はスー …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。