名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HGUC F2ザク

HFUC F2ザク 基本塗装まで完了

投稿日:2019年11月24日 更新日: この記事は約2分で読めます。


前回の記事の最後にのっけた写真では関節をカーキみたいな色で塗ってたけど、本来はセンチネル系のザクの関節ってウォームホワイトみたいな色で塗っているのでそれを真似たかったのを失敗した結果だ。
自分の色のセンスのなさに戦慄。

HGUCザクⅡF2その1

まだツヤ消し吹いてないので、ツヤンツヤンの写真になっちゃってます(クリックで拡大)

で、関節部分はニュートラルグレーを調色して塗りなおした。

これでやっと落ち着いてみられるようになった感じがする。

HGUCザクⅡF2その2

おもえばここまで長かった(クリックで拡大)

今回のポイントは胸の両脇、フンドシ部分、フクラハギ、足、バックパックの横などに配したノズルっぽいディティール。あらかじめピンバイスで穴をあけておいて、塗装後に手芸店で買ったつぶし玉を貼り付けた。

HGUCザクⅡF2その3

本当はもっともっと落ち着いた色に塗りたい(クリックで拡大)

あと、今回の試みとして「全身のパネルラインの境目ごとに少しずつ違う色で塗り分けて情報量を上げる」ってのがあったのだけど、今のところ失敗気味。濃い目に塗った色が全体からすると浮き気味で、なんだか落ち着かない感じがしてしまう。
デカール貼ってちょっとフィルタリングしてツヤ消し吹いたら落ち着くかな?

装動仮面ライダーバルカン

笑いのハードルが低すぎるライダー(クリックで拡大)

あとは不破さんとか弄ってます。

毎年進化する装動恐るべしだねえ。

-プラモデル, HGUC F2ザク
-

執筆者:

関連記事

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

HGUCゲルググキャノンをトーマス・クルツ機として仕上げました。主な改造個所はスカートアーマーの大型化、胴体および太股の延長、太股の幅増し、全体的なスジボリ追加などです。

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ(サフチェック)

完成がそろそろ見えてきた状態。 サフ萌え(クリックで拡大) コンバットアーマーのプラモを作っていて思うのは、ガンプラやボトムズなどと違って作例の数も少ないので、ディティールアップ一つとってもあまり振れ …

旧キットMS-06R高機動型ザクⅡ

06R大地に立つ! 旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡのアルミ線接続(4)完成!

大地に立たせたよ! 昭和感!(クリックで拡大) デカールはキット付属のもののみ。 スカートアーマーと右肩の盾の白いラインはマスキングで。 06Rは後ろ姿の情報量が多いのがいいよね(クリックで拡大) 固 …

1/35 エグゾフレーム

エグゾフレーム 1/35 全塗装

OBSOLETEのyoutubeはちょっと前から視聴してたんだけど、ホビージャパンの付録についていたエグゾフレームを塗装してみました。 現代風ATといった趣も(クリックで拡大) 可動範囲はたしかに広い …

1/144 旧キット ジムスナイパーカスタム

旧キット1/144ジムスナイパーカスタムのアルミ線接続(3)サフ吹き

なんとなく全身の整形が終わった感じがするので、いったん全パーツを仮留めしてサフを吹いてみた。 この状態ではかなり接続部分が不安定でギリギリのバランスで立っている状態です(クリックで拡大) ライフルは各 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。