食玩にチョイ足し塗装と小改造が中心のブログ

プラモデル HGUC ギラ・ドーガ

HGUCギラ・ドーガ

投稿日:2018年12月15日 更新日: この記事は約3分で読めます。


HGUCギラ・ドーガ(機動戦士ガンダム逆襲のシャア)です。

HGUCギラ・ドーガその1

ザク系のくせにイカツイですよねコイツ(クリックで拡大)

これも10年以上前の作品になります。ホント、この時期は丁寧に表面処理していたんだなあと思い出します。しかしカラーリングに一切遊びがないと言うか、おそらく取説の指定通りの色を使ったんじゃないかと思います。真面目だったんですね(笑)

HGUCギラ・ドーガその2

見えにくい部分で結構改造をしています(クリックで拡大)

この作品では、腕とスネ部分の露出したフレームをシルバーに塗っています。メタリックグレーで塗っても良さそうなんですが、それだとせっかく露出しているフレームが目立たないので、敢えて塗ってみたんです。これはこれでいい感じになったんじゃないかと思います。

HGUCギラ・ドーガその3

背面図です。バーニア部分の黄色をきれいに発色させるのはいつも難儀します(クリックで拡大)

この作例ではわかりにくい部分に結構手を入れていて、例えば動力パイプはモビルスプリングに置き換えていたり、足の外側のバーニアは金属製のアフターパーツに置き換えています。いわゆる挽き物パーツってやつですね。他にもスネ後ろ側のノズルと思しきパーツもコトブキヤのパーツに置き換えていたりと完成度を上げるための細かい細工を施してあります。完成するとあんまり目立たないんですけどね。あくまで自己満足。

HGUCギラ・ドーガその4

アオリアングルで(クリックで拡大)

このキットはボリューム感のあるギラ・ドーガのスタイリングをよく再現できている良キットだと思います。また機会があれば造りたいですね。今度は近藤風にギトギトに汚し塗装してツェメリットコーティングを足しまくって完全な陸戦用の仕上げにしたいです。

今日はそんな感じです。

■関連記事■

HGUCジェガン

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

-プラモデル, HGUC ギラ・ドーガ
-

執筆者:

関連記事

1/100 ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。 通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大) こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。 真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリック …

HGUCマラサイ近藤版

HGUCマラサイ近藤版 マーキングと仕上げ

かなり前に基本塗装までは終わっていたマラサイ。 関連記事:HGUCマラサイ 近藤版 基本塗装まで完了 急に仕上げをする気になったので、マーキング→ウェザリング→ツヤ消しトップコートで仕上げてみました。 …

ランバラル専用旧ザク

MG ランバ・ラル専用 旧ザク

「MG ランバ・ラル専用旧ザク」。 全体的に筋肉質なプロポーションです(クリックで拡大) おそらく軽く10年以上前に作ったもののはずです。この、手足がゴロっと太ましいデザインは、完成直後の印象は、「ち …

ガサラキ 1/35 シンデンアーマー

ガサラキ 1/35 シンデンアーマー ディテールアップ

前回の記事から1年弱、色々と寄り道していたので再開するまで随分時間がかかってしまいましたが、急にやりたくなったので進めます。なんとなくエヴァンゲリオン量産型に顔がよく似たこの人です。 やはり90年代の …

HGUCバウ 改修中(サフチェック 2回目)

HGUCバウ 改修中(サフチェック 2回目)

スジ彫りを追加して2回目のサフ。 クリックで拡大 まだまだキズが埋めきれていないところを発見。 チマチマと埋めています。 クリックで拡大 フクラハギのところは特にディテールが不足気味と感じたので、ゴチ …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。