名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル 1/72 ブロックヘッド ◆ダグラム系◆

マックスファクトリー ブロックヘッド(基本塗装)

投稿日:2018年12月30日 更新日: この記事は約4分で読めます。


今年最後の完成品、ブロックヘッドですが、基本塗装とスミ入れまでが完了しています。

マックスファクトリーブロックヘッド その1

事前に丁寧に表面処理をしたのが塗装をすると報われますね(クリックで拡大)

腰部分のアーマーに施したリベットとか、足首部分のディテールアップなど、やはり塗装して初めてわかる下ごしらえの重要さ。スミ入れすると、地味ながら作品の出来をきっちり上げてくれています。

マックスファクトリーブロックヘッドその2

合わせ目はうまいこと消えてくれてますね。安心した。(クリックで拡大)

カラーリングは基本的にガイアカラーのダグラム用カラー「CB-13カーキ」と「CB-14ライトカーキ」で全体を塗り、マグランチャーの緑色や、関節部の色などは手持ちの塗料を適当に調合してエアブラシで吹き付けています。カーキとライトカーキの箇所は実はうっすらグラデーション塗装をしているんですが、写真で見るとほとんどわからなくなってますね(*_*)

マックスファクトリーブロックヘッドその3

背面図。ダグラムは意外と背負い物をしょってるメカが少ないのでバックショットはシンプルです(クリックで拡大)

元々ダグラムのメカは全体的にシンプルな構成で、しかもこのキットは作り手への配慮がきっちりされている感じなので塗り分けの手間はほとんどありませんでした。強いて言うならばマグランチャーの上部の持ち(?)部分のマスキングは結構大変でしたが、それ以外の本体部分はいい感じで分割されていて塗装は楽でした。

マックスファクトリーブロックヘッドその4

いよいよ佳境(クリックで拡大)

今日はそんな感じです。実はこの記事を書いている時点では、ブロックヘッドはほぼ完成していて、次の作品に着手しているんですが、段階を踏んで公開していきたいので、今日の更新ではここまでの公開とさせていただいています。

マックスファクトリー 1/72 ブロックヘッド(デカール貼り)

マックスファクトリー ブロックヘッド(下地塗装)

マックスファクトリー ブロックヘッド(サフ吹き)

マックスファクトリー 1/72 ソルティック ラウンドフェイサー

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ(仮組み)

 

 

 

-プラモデル, 1/72 ブロックヘッド, ◆ダグラム系◆
-

執筆者:

関連記事

HGUCジェガン

今日の過去作画像はHGUCジェガン(機動戦士ガンダム逆襲のシャアより)。 腰のところのパーツが一つなくなっているのに気が付きました(クリックで拡大) こちらはワタクシにとって思い出の一作なのです。 初 …

BB戦士三国伝曹丕ガンダム

BB戦士三国伝 曹丕(そうひ)ガンダム

僕はボトムズの「ラストレッドショルダー」の映像を何百回観たんでしょう。そして、今でも毎回新鮮な気持ちで観ることが出来るんです。どんだけ好きやねんていう話です。 今日の過去作画像はBB戦士三国伝の曹丕ガ …

旧キットプロトタイプドム アルミ線接続

旧キットプロトタイプドムのアルミ線接続(2)

旧キットの「プラモを作ってる感」って半端ないですよね。楽しい。 右手が変(クリックで拡大) 全体的にサンディングが終わったのでアルミ線を通して立たせてみた。 この状態では不安定極まりない(クリックで拡 …

HGUCマラサイ近藤版

HGUCマラサイ近藤版 マーキングと仕上げ

かなり前に基本塗装までは終わっていたマラサイ。 関連記事:HGUCマラサイ 近藤版 基本塗装まで完了 急に仕上げをする気になったので、マーキング→ウェザリング→ツヤ消しトップコートで仕上げてみました。 …

HGオリジン 旧ザク アップ

HGオリジン 旧ザクをリアルタイプカラーっぽく筆塗りしてみた

本日の過去作画像はHGオリジン 旧ザクをリアルタイプ旧ザクのカラーリングで塗ってみたもの。 正面図です。(クリックで拡大) これを作ったときの自分の思いは、「合わせ目消しとか表面処理とか後ハメ加工とか …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。