名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

食玩・カプセルトイ Gフレーム

Gフレーム ドムを塗装してランバ・ラル専用ドムに!

投稿日:2021年1月21日 更新日: この記事は約4分で読めます。


Gフレームのドムが非常に良い出来なので、特に改造をせずに、カラーリングで遊んでみました。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_1

「グフとは違うのだよ!グフとは!」(クリックで拡大)

もし、マ・クベおじさまが意地悪しないでラル大尉にドムを渡していたらというif機体です。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_2

安定感の有るスタイリング(クリックで拡大)

本当にほとんど手を加えていなく、バズーカの合わせ目など、目立つ部分を表面処理したぐらいです。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_3

青色って地味に発色が悪いので重ね塗りをしてあります(クリックで拡大)

実は塗装したのは、元のドムで言うと装甲が紫色の部分に青を吹き付けたのと、バズーカを塗ったぐらいです。
黒い部分はそのままです。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_4

HGUCよりも小さめのサイズ感(クリックで拡大)

ブルーの部分は、インディブルーを下地に吹いて、その上からコバルトブルー+インディブルー少々です。
意外と青色って隠蔽力が強そうに見えて、そうでもないことが分かりました。
エヴォサフでブルー用の下地も会ったような気がするので、今度調達しておこうか。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_5

バズを構えるラルさん(クリックで拡大)

左肩のランバ・ラル隊のマークはガンダムデカールでMSV用のものを在庫してたのでそこから取ってます。
ジオンマークも同様です。
その他、頭頂部の白いライン、バズーカの赤いライン、左腕の黄色いラインはhasegawaの面追従シートを細切りにしたものです。
ラインデカールの方がリアル感は出せるけど、なかなか丁度いい太さのものが見つからず、面追従シートなら自分で好みの太さにカッティングできるので、小スケールのもののマーキングなら、こちらを使うメリットは十分にあります。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_6

お供にJ型ザク2機を引き連れてると様になりそう(クリックで拡大)

バズだけでなく、ザクに付属しているマシンガンも持たせてみました。

Gフレーム ランバ・ラル専用ドム_7

ドムがザクマシンガン持ってるのを視たのってMS戦記が初めてかなあ(クリックで拡大)

Gフレームはこういう具合に割り切った方法で塗装すれば、作業開始から終了まで3時間ぐらいでいけます。
思いついたらサクッと完成できるのは、塗装しようと思えばマスキング無しでできるGフレのパーツ構成というかパーツ分割も大きな理由ですね。これで1体千円ちょっとですから、お得だと思います。

今日はそんな感じで。

Gフレーム ドム 開封レビュー

Gフレーム ゲルググ 開封レビュー 武装てんこ盛り!

Gフレーム ジム 開封レビュー

 

-食玩・カプセルトイ, Gフレーム

執筆者:

関連記事

装動 アナザービルド

装動外伝 アナザービルド 全塗装&改修

筆塗り全塗装で完成。楽しみました。 筆塗りは楽しいです(クリックで拡大) 前回の記事の通り、関節部分のテクスチャーを足しているので、生物感は結構出たのではないかと思います。 肩、つま先、頭部の眼のあた …

Gフレーム ジム 開封レビュー

Gフレーム ジム 開封レビュー

コンビニで1体だけ売れ残っていたコイツを捕獲。 ヒロイックな体型のジムといえばMGのVer.1を思い出す(クリックで拡大) なぜかGフレームは連邦系が3体もある我が家。ゲルググがどこに行っても買えない …

掌動 ライダーマン

掌動 ライダーマン レビュー&部分塗装

SHODO-X 仮面ライダー11のライダーマンに追加塗装しました。 エグゼイドと同発というのがなんとも(クリックで拡大) ノーマルとの一番の違いは、手袋とブーツがノーマル状態ではグレーに塗装されていて …

装動外伝アナザーエグゼイド

装動外伝 アナザーエグゼイドを全塗装してディティールアップしてみた

今週末はジオウ最終回! 前回の記事で予想した「ツクヨミ黒幕」が半分ぐらい的中しそうな勢いです。最後の最後にツクヨミが変身するという展開がよくも全く漏洩しなかったものだと思います。スタッフの皆様 本当に …

装動ライドストライカー

装動ライドストライカーに部分塗装してみた

今日は装動のライドストライカー(仮面ライダージオウより)を部分塗装したので写真アップです。 腕時計を大胆にモチーフにしたごっつい造形です(クリックで拡大) 昨年発売された創動のマシンビルダーでは2箱で …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。