名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

食玩・カプセルトイ Gフレーム

Gフレーム ナラティブガンダムに部分塗装と小改修してみた

投稿日:2019年1月13日 更新日: この記事は約4分で読めます。


1週間ほどかけて塗装や表面処理をしていたナラティブガンダム(機動戦士ガンダムNT)が完成したので掲載したいと思います。

Gフレームナラティブガンダムその1

さっそく集中線を使ってみました(クリックで拡大)

このGフレームというシリーズ、個人的にかなり気に入ってしまったので、塗装の省略されているところを補い、小規模な改造で完成度を上げることを目指しました。

Gフレームナラティブガンダムその2

背負いモノがすごく主張してますね(クリックで拡大)

主な改造箇所は、両腕のシールドとバックパックの肉抜き穴をエポキシパテで埋め、バックパックの左右に付属しているB装備のインコム的な武器の中心に分割線っぽくスジ彫りを入れました。

Gフレームナラティブガンダムその3

今考えるとバックパックの色はもうちょっと薄くても良かったかも(クリックで拡大)

部分塗装した箇所は、リアスカートアーマーとショルダーアーマー後ろ側および足首部分のグレー、バックパックの黒い部分、両手の甲部分のホワイト、B装備のインコムの内側のダークグレーといったところです。内部フレームは、デフォルト状態では黒鉄色なのですが、設定を見るとブルーグレーのような感じです。思い切ってフレームは全塗装しました。結果的に設定のイメージに近づいたし、デフォルト状態の黒鉄色ではスミ入れも映えないので、塗り変えてよかったと思っています。

Gフレームナラティブガンダムその4

背面図です(クリックで拡大)

今回地味に大変だったのは装甲の白い部分。スミ入れや塗装のはみ出しで汚れたように見えてしまうので、スミ入れ時の拭き取りをかなりしつこくやり、塗装のはみ出しはカッターで削り落とす対応をしました。プラモだとなかなか「表面についた塗装のはみ出しをカッターで削り落として地の色を出させる」という方法は取りにくいですが、ここらへんが食玩の部分塗装っていうある意味で遠慮なくいろいろやれる素材の良さじゃないかと思います。

Gフレームナラティブガンダムその5

B装備が好きですね。C装備は全身に刺し身貼り付けてるみたいでちょっとね(クリックで拡大)

今日はそんな感じです。

Gフレーム ドム 開封レビュー

Gフレームのジムを改造してジム・ライトアーマーに!(3)

創動 仮面ライダーグリスブリザード 部分塗装

 

-食玩・カプセルトイ, Gフレーム

執筆者:

関連記事

創動アーマータイプガーディアン

創動アクションガーディアンズ

今日は創動シリーズから、敵の戦闘員だけの弾が出て大いに話題になったアクションガーディアンズから塗装済みの2体の写真を掲載。 正面図。服の皺などがよく表現されてます。(クリックで拡大) まず1体目はスー …

掌動 ワーム

掌動 ワーム(サナギ体) レビュー&部分塗装

バンダイ SHODO-O 仮面ライダー4からワーム(サナギ体)を部分塗装で仕上げました。 全体的に奥まったところを影をつけるように塗っています(クリックで拡大) 部分塗装と言うか、作業としてはフィルタ …

掌動 カブトロー 部分塗装

掌動 カブトロー 部分塗装

SHODO-X 仮面ライダー8のカブトローを追加塗装して完成度を上げてみました。 ストロンガーのリペイントはまだです(クリックで拡大) ストロンガーはチャージアップ形態しか入手できなかったのですが、チ …

掌動駆 仮面ライダーアギト

掌動 仮面ライダーアギトとマシントルネイダー部分塗装

「目覚めろ、その魂!」 追加塗装は細かすぎて伝わらない場所しかしていない(クリックで拡大) アギトとマシントルネイダーを部分塗装で仕上げた。 まずはアギトの背面の塗装前と塗装後。 背面は無加工だとほぼ …

1/100ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。 通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大) こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。 真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリック …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。