名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HGUC ギャン ◆ガンダム系◆

HGUCギャンを射撃戦仕様に改造中

投稿日:2020年2月2日 更新日: この記事は約3分で読めます。


ギレンの野望でゲルググではなくてギャンの量産を意思決定する世界線で出現する量産型ギャンは全身グレーに塗られていて若かりし頃のワシは大層ときめいたもんじゃった。

HGUCギャンリバイブ1

ミキシングって楽しいですよね(クリックで拡大)

で、ギャンクリーガーもかっこいいけど、大きめの射撃武器を持つギャンをずいぶん前から作りたいと思っていました。幸いにもリバイブのギャンはものすごく出来が良いキットなので、素材としてはバッチリかと。

HGUCギャンリバイブ2

秋葉原でジャンクを漁って調達(クリックで拡大)

ライフルはビーム兵器じゃなくて実体弾を想定していて、高速で敵母艦に接近して徹甲弾をブチ込んでくるイメージ。ミノフスキー粒子が散布されている空域では敵の正確な座標を自力で得ることも、通信で敵の座標情報を味方から受信することも難しいはずだから距離を詰めるしかないはずなのだ。

HGUCギャンリバイブ3

ガルバルディの足は無改造で取り付けられます(クリックで拡大)

そんな妄想のもと、高機動型ザクⅡのバックパックを移植しようと思ったんだけど、ギャンの本体に対してどうにも小さく思えたので中心部で切断してプラ板で幅増しし、下方に伸びているスタビライザーっぽいパーツもプラ板で延長。これで一回り大きく見える。

HGUCギャンリバイブ4

胸には射撃用センサーを増設(クリックで拡大)

そして、ギャンの下肢は末広がりに広がっている。
ビームサーベルで戦うノーマルのギャンにはこのラッパズボン状の下肢の形状は合っているんだが、今回のコンセプトである「高速での一撃離脱戦法=戦艦殺し」にはどうにも似合わない感じがして、秋葉原で見つけたジャンクのガルバルディβの下肢を移植した。ポリキャップの規格が同一なので無改造で取り付けることができた。

HGUCギャンリバイブ5

塗装すれば移植したパーツもなじんでくるかな(クリックで拡大)

あとは左の胸というか肩部分に射撃用のセンサーを増設し、オリジンガンキャノンの盾を装着。まあ鹵獲機体から分捕ったってことで。

今回はミキシングで一体仕上げてみたかったのでこんな感じで。
スジボリ終わったらサフがけやろう。

-プラモデル, HGUC ギャン, ◆ガンダム系◆

執筆者:

関連記事

アクティックギア ベルゼルガ

アクティックギア ベルゼルガをリペイントしてみた

「クエントにはない言葉だが、お前は可愛くなった」 今日もプラモではなく昔のトイのリペイントを掲載。アクティックギアのベルゼルガ(装甲騎兵ボトムズ)。 放送当時は一番好きな機体でした(クリックで拡大) …

旧キット1/144 ザク強行偵察型

旧キット1/144 ザク強行偵察型のアルミ線接続(1)仮組み

いじり甲斐がありそうなキットを手に入れたので早速仮組み。 今回はZガンダム版の方です(クリックで拡大) 全体的に四角いプロポーション。太股もほぼ直方体です。 ガチムチですね(クリックで拡大) 相変わら …

1/100ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。 通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大) こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。 真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリック …

HGUCゲルググ サフチェック

HGUCゲルググのサフチェック

ゲルググはスジ彫りの大半が終わり、一度表面の状態を見たかったのでサフを吹いてみました。 どうでしょう?自分としてはまあまあかなと(クリックで拡大) これでもまだやや胴が寸詰まり気味に思えます。いくつか …

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ(ディテールアップ)

仮組みしてから約1年間放置していたコイツを再開。 足なんて飾りですよね(ジオングで拡大) スモークディスチャージャー部分はノーマル状態では縦一列に並んでいる配置だけど、一本一本にちょっとずつ角度をつけ …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。