名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル ◆ガンダム系◆ 旧キット1/144プロトタイプドム

旧キットプロトタイプドムのアルミ線接続

投稿日:2020年4月13日 更新日: この記事は約2分で読めます。


06Rのアルミ線接続が思いのほか、楽しかったので2作目に着手した。
1/144 YMS-09 プロトタイプ・ドムでございます。

旧キットプロトタイプドム アルミ線接続1

ドムキットにハズレ無し(クリックで拡大)

このキットも06R同様にMSVの中でも素性の良いキットだと思う。

1/144プロトタイプ・ドムの足

足の甲を独立させる(クリックで拡大)

今回は足の甲の部分を切り離して、スネの傾きに合わせて角度をつけて再接着する工作をしようと思う。

1/144プロトタイプ・ドムの胴体部分

胴体は腕と足のアルミ線接続を受け止める重要な部分です(クリックで拡大)

胴体はこんな感じに、5ミリのプラ角棒をギッチギチに詰めて、アルミ線を差し込む際にズレが生じないようにしている。結果としてトップヘビーな重心になってしまうので、足首部品にオモリを入れる必要がある。

旧キットプロトタイプドム アルミ線接続2

ランドセルが小さいのってこの機体の特徴ですよね(クリックで拡大)

やはりパーツパーツの形状はすごく良いので、関節の付き位置の調整以外はしないようにして、ディティールアップと表面処理に注力すれば良さそう。

旧キットプロトタイプドム アルミ線接続3

肩の位置関係さえ街がwなければ大丈夫そう(クリックで拡大)

旧キットのアルミ線接続をやる場合は、やはりキット本来の良さを味わうために、「いかに手を加えないか」つまり「いかに良さを損なわないようにするか」を意識して工作する必要があるように思う。手を加えまくって超絶可動モデルとか、シュッとした現代風のドムを作るんだったら、例えばドムならオリジンのやつをディティールダウンしても良いわけだしね。

そんじゃまた。

■関連記事■

◆2020/2/4 06R大地に立つ! 旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡのアルミ線接続(4)完成!

-プラモデル, ◆ガンダム系◆, 旧キット1/144プロトタイプドム
-, ,

執筆者:

関連記事

ザクウォーリア

SEEDコレクションシリーズ ザクウォーリア

おそらくNewTypeの付録で付いてきたと思われるザクウォーリアのプラモデルを部分塗装したもの。めっちゃ古い。 もう表面処理すらしていないです(クリックで拡大) ネットを調べたところによると、石田彰( …

1/144 旧キット ジムスナイパーカスタム

旧キット1/144ジムスナイパーカスタムのアルミ線接続(3)サフ吹き

なんとなく全身の整形が終わった感じがするので、いったん全パーツを仮留めしてサフを吹いてみた。 この状態ではかなり接続部分が不安定でギリギリのバランスで立っている状態です(クリックで拡大) ライフルは各 …

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ(改修 その4 基本塗装)

雨の日が多くて塗装になかなか着手できず、結局雨の日に塗装を強行しました。 白すぎる(クリックで拡大) メインのライトグリーンの部分が白すぎて、日焼けして紫外線で駄目になったニコラエフみたいになってしま …

コレクションシリーズ アビスガンダム

SEEDコレクションシリーズ アビスガンダム

昔の作品で、しかもところどころ作りが荒いのでブログに掲載するか迷ったのですが、アビスガンダムのコレクションシリーズを一日でサクッと作ったものを掲載します。 海の専任ガンダムって結構珍しい(クリックで拡 …

1/100 ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。 通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大) こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。 真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリック …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。