名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

中小企業診断士試験対策

【中小企業診断士ストレート合格者が語る】年末年始には現状の振り返りと内容理解が必要な科目に注力しよう!

投稿日:2018年12月5日 更新日: この記事は約5分で読めます。


このページをご覧になってくれたやる気のある受験生の皆様こんばんは。

アバター

そろそろ忘年会やら年末のお仕事の進行で慌ただしくなってくる時期ですね。1年の中でも忙しさと楽しさを感じるイベントの多い時期ですが、そこは皆様、受験生ですから、今年だけは勉強に力を注ぎましょう。美味しいお酒は試験が終わってからいくらでも飲むことが出来ますからね。

今回は年末年始にやるべきこと、その準備などを筆者なりの経験を踏まえて書いていきたいと思います。お仕事やプライベートでバタバタしやすい時期だけに、意識して過ごさないと、あっという間に来年になってしまいますから、この時期を戦略的に過ごすことができれば、他の受験生に差をつけることが出来るとも言えます。

まずは現状把握。遅れているのか順調なのか?

年末年始を睨んで今の時期に最初にやるべきことは現状を把握することです。

以前の記事でお伝えした、学習計画に対して、現在あなたの進捗は遅れていますか?それとも順調でしょうか?また、理解が曖昧になったまま進んでしまっている頻出論点はありませんか?

過去記事:【中小企業診断士試験】学習計画の立て方と見直しの重要性(その1)

中小企業診断士試験は科目数も多く、問われる範囲も広いために、一つの科目や一つの論点で長時間引っかかってしまうと学習期間の後半に遅れを取り戻すのが厳しくなってきます。また、1次試験は40点未満が1科目でもあると足切りになって2次試験に進めなくなってしまうために、弱点科目を放置するわけにも行きません。

予備校の授業が終わっている科目があれば、その科目の過去問を解いてみるなどして、わかったつもりになっていて、わかっていない箇所があれば、そこをじっくりおさえる時間が取れる年末年始に攻略してしまいましょう。

特に注力すべきは暗記ではなく理解を必要とする科目・論点

中小企業診断士試験は暗記を必要とする科目・論点が多数ありますが、その様な科目は極力学習期間の後半に集中して取り組むべきと筆者は考えます。当然ながら暗記した時期が試験本番に近いほど、その記憶を試験の場で引き出すことが容易になります。つまり、早い時期に詰め込みすぎても効果が薄いってことですね。

それよりも、財務・会計の計算問題やキャッシュ・フロー計算書など、経済学のグラフを用いる問題、企業経営理論の定番の組織論やマーケティング、運営管理の工場のレイアウトなど定番の改善の論点など、自分の頭の中にロジックでルールを造っていくタイプの論点を完全に自分のものにすることに力を注ぎましょう。こうした理解を必要とする論点は、逆に言えば理解して自分なりにロジックを腹落ちできれば、忘れてしまうこともなく、多少の応用問題が出たとしても、落ち着いて解答すれば正解にたどり着くことができる確率が高いです。特に計算問題などは、実は正確に計算結果を出せなくとも、1次試験なら短い時間で近似値を算出できれば、その値に一番近い選択肢を選ぶだけでOKですから、小さな桁まで追い込む必要は実は無いのです。

過去記事:【中小企業診断士試験】最重要科目 財務・会計を攻略せよ!(その1:意味合い編)

一方で、固有名詞などの暗記に頼るものは、その問題が出題されればOK。しかし診断士試験はかならず1次も2次も悪問としかいいようがない、今まで出題されたことのないような難しい論点を突いた問題が出題されます。毎年ね。そうした問題が出た場合は、実はあまりベテランもビギナーも差が付きません。別の言い方をすれば、捨てても良いような問題もあるのです。

何故この様な問題が出題されるのかと筆者なりに考えるに、定番論点ばかりが出題されると、同じ様な対策を何年も重ねてきた多年度受験生に相対的に有利な構造になり、新規参入組が受かりにくい試験になってしまうからではないかと思います。「ベテランも受かる。でも新規参入組も頑張れば受かる」という試験にしたいという出題者側の思惑があるんじゃないかと思いますね。そんな訳で、計算問題などの「理解系」科目を先に押さえるほうが、この時期の初学者にとってはコスパが良いのです。

学習計画の見直しは今がチャンス。弱点の補強も忘れずに。

1次本試験まではまだまだ時間がありますが、やはりゴールデンウィークを過ぎてしまうとなかなか新しいことには手を出せなくなります。もし、お仕事やプライベートで注力しなくてはならない出来事が続き、または今ひとつモチベーションが保てず学習が遅れ気味になっている方がいましたら、今が巻き直しのチャンスです

予備校のクラスメイトや勉強会で顔なじみになった人も同じ様な悩みを持っているかもしれません。合格者や予備校の講師に相談して、計画のリビルドを試みても良いかもしれません。また、以前に財務・会計の攻略法で解説したような有志の勉強会を臨時的に企画しても良いかもしれないです。予備校の講義も年末年始はお休みとなるため、じっくりと弱点に向き合うことが出来る(しかも本試験直前のようなプレッシャーのかかっていない状態で)貴重な時間です。年末年始=冬休みが終わった時に、「自分は弱点の○○を克服した!」「自分は経済学の過去問を5年分3回転させた!」など、何かしらの達成感を得た状態で新年のお仕事を始めることができれば、精神衛生上とても良いでしょうね。

本日のまとめ

年末年始を迎えるにあたり、事前に自分の勉強の計画に対しての進捗状況を把握し、特に理解に時間のかかる論点の攻略に注目して計画を見直し、現在把握できている弱点科目や論点があれば、予備校の授業もなく、本試験直前でもない余裕のある今のうちに対策を講じて、達成感を持って新年の仕事始めを迎える」ということをお伝えしました。

そう入ってもなかなか大変だとは思いますが、理想の着地点を持って毎日の準備を進めていけば、ダラダラと流されるままにとりあえず勉強をして、なんとかなった気になっている受験生に比べれば、半年後には大きな差が付いていることと思います。誘惑の多い時期ですが、合格して診断士になることができれば、もっと楽しいイベントにたくさん誘われる日々が待っています。今年だけ目をつぶって駆け抜けましょう!

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加していますので良かったら応援お願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

-中小企業診断士試験対策

執筆者:

関連記事

中小企業診断士試験対策

【中小企業診断士ストレート合格者が語る】最重要科目 財務・会計を攻略せよ!(その1:意味合い編)

この記事は診断士の勉強を始めたものの、財務・会計の科目に対して今ひとつペースが掴めずに足踏みしている人に向けて、この科目を勉強する意味合いや、習得のコツなどについて解説しています。 この記事を読むこと …

中小企業診断士試験対策

【中小企業診断士ストレート合格者が語る】2次筆記合格から口述試験までは何をすべきか?

このブログをご覧になっている、寒い中頑張っていらっしゃる受験生の皆様、こんばんは! 本日は、今週末日曜日に控えている2次口述試験を受験する方のために、筆者が体験した2次筆記試験合格から口述試験受験まで …

中小企業診断士試験対策

【中小企業診断士ストレート合格者が語る】勉強会には行くべきか?(その1:目的編)

このページをご覧になってくださった皆様、こんばんは。 前回の記事では学習計画を立てるために筆者なりに取り組んだ方法をご紹介しました。 再掲すると「予備校の映像授業を流し見して全体像や注力ポイントを掴み …

中小企業診断士試験対策

【中小企業診断士ストレート合格者が語る】安定した自習環境の確保に気を配る

このページをご覧になってくれた受験生の皆様こんばんは。風邪が流行っているようですので体調管理にはくれぐれもご留意くださいね! 初学者で予備校を利用されている方もそろそろ1次試験の勉強のリズムが出来てき …

中小企業診断士試験対策

【中小企業診断士ストレート合格者が語る】筆者のスペックと10月に勉強開始するメリット

こんばんは。 今日はプラモの日記ではなく、中小企業診断士試験ノウハウについて初めての記事を書きたいと思います。 日経新聞に掲載されたビジネスパーソンを中心に行われたアンケート調査「新たに取得したい資格 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。