名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル ◆ガンダム系◆ HGUCグフカスタム

HGUCグフカスタム(仮組み)

投稿日:2020年4月20日 更新日: この記事は約2分で読めます。


STAY HOMEでストレスが溜まりまくっているので、一番作りたいヤツを心の赴くままに作ることにした。

HGUCグフカスタム1

ケレン味たっぷり(クリックで拡大)

仮組み段階で良キットだという確信が持てる素晴らしい出来。
これって2010年の発売なんですね。もう10年前の商品なのに超絶クオリティ(←語彙力)

HGUCグフカスタム2

サーベルの大きさどうしよう。このままでも良さそうだけど(クリックで拡大)

キットの全体的な構成としてはF2ザクにそっくり。
ただ、ガトリングシールドの主張が強くて、全然別物に見えてしまう。

HGUCグフカスタム3

バックパックが小さい機体って身軽そうに見えますね(クリックで拡大)

製作の方向性としては、スジボリは控えめに入れて、スカートアーマーをちょっと延長し、モノアイの上のところのヒサシをもうすこし下方向に延長して目ツキをワルっぽい感じにし、あとはバトルダメージを入れるかどうかってところかなと。

HGUCグフカスタム4

殺陣が似合うMS(クリックで拡大)

このまま表面処理だけして全塗装するだけでも相当満足度が高い仕上がりになるんだろうけどね。でもやっぱりいじりたいよなあ。素材がいいってことは手を入れるとさらに化けるってことでもあるので。

HGUCグフカスタム5

ギャンとグフカスと私(クリックで拡大)

この巨大なガトリングシールドを片手で保持できるのもB社脅威の技術力ですな。
部品の精度がハンパないってことですね。

HGUCグフカスタム(2)ディティールアップ

-プラモデル, ◆ガンダム系◆, HGUCグフカスタム

執筆者:

関連記事

HGUCマラサイ近藤版

HGUCマラサイ近藤版 マーキングと仕上げ

かなり前に基本塗装までは終わっていたマラサイ。 関連記事:HGUCマラサイ 近藤版 基本塗装まで完了 急に仕上げをする気になったので、マーキング→ウェザリング→ツヤ消しトップコートで仕上げてみました。 …

旧キット1/144 ザク強行偵察型_胴体の幅ツメ

旧キット1/144 ザク強行偵察型のアルミ線接続(2)プロポ調整

胴体の幅ツメと太ももの延長をしています。 胴体というか肩幅の詰めですね(クリックで拡大) アルミ線接続の場合は胴体の中をムクにして、アルミ線を固定しなければいけないので、胴体の上半分は5mmのプラ角棒 …

HGUCドム

HGUCドム(仮組み)

いよいよHGUC一年戦争モノのジオン機体量産機補完計画も大詰め。 ゲルググ→ギャン→ザク(F2)→グフ(カスタム)と開発系譜を全然無視して好きなように進めましたが、トリはこちら。 左手の開き手が雰囲気 …

HGUCグフカスタム

HGUCグフカスタム(3)更にディティールアップ

エバーグリーンのスジ入りプラバンは本当に使い勝手が良い。 今回はかなり手を入れてます(クリックで拡大) 今回は奥まった部分のオシャレ感をアップする工作に注力した。 ここを塞ぐとおもちゃっぽさがかなり減 …

1/35 エグゾフレーム

エグゾフレーム 1/35 全塗装

OBSOLETEのyoutubeはちょっと前から視聴してたんだけど、ホビージャパンの付録についていたエグゾフレームを塗装してみました。 現代風ATといった趣も(クリックで拡大) 可動範囲はたしかに広い …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。