名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HG オリジン 旧ザク

HGオリジン 旧ザクをリアルタイプカラーっぽく筆塗りしてみた

投稿日:2018年11月2日 更新日: この記事は約4分で読めます。


本日の過去作画像はHGオリジン 旧ザクをリアルタイプ旧ザクのカラーリングで塗ってみたもの。

HGオリジン 旧ザク

正面図です。(クリックで拡大)

これを作ったときの自分の思いは、「合わせ目消しとか表面処理とか後ハメ加工とか毎回やってると1体作り上げるのにやたら時間がかかるなあ。で、そうやって丁寧に下ごしらえしたプラモは思い切ったウェザリングとかの実験ができないから結局は無難に仕上げちゃうけど、なんか食い足りない感じがする。だから、あまり下ごしらえしないで思いっきりいろいろ実験できる作品もあって良いんじゃないか?」といった感じでした。

HGオリジン 旧ザクその2

筆塗り楽しかったです。(クリックで拡大)

そんな訳で、この旧ザクは合わせ目は段落ちモールド処理し、表面のヒケ処理は最小限にして、とにかく短時間で完成まで持っていくことを優先しました。製作期間は1週間もかからなかったんじゃないかな?段落ちモールド化したのは、肩アーマー、前腕、フクラハギの後ろ側といったところです。

HGオリジン 旧ザクその3

背面図です。ヒートホークは実はまだ塗装していません。(クリックで拡大)

そして、塗装はダークグレーを下地に吹いて、あとは一気にラッカー筆塗り。筆ムラが出るけれどもそれも「味」として、楽しんで塗ることが出来ました。そして今回は初めてガンダムマーカーのリアルタッチマーカーで雨だれなどの表現をやってみました。

HGオリジン 旧ザクその4

このキットすごく良かったです。腰の前後可動、胸部分が開く機構など。(クリックで拡大)

モノアイは手芸店で買った光を反射するデコシールみたいなやつ。あとは付属のマーキングシールを貼り、トップコートを吹き付けて完成。これからはこういうお手軽な制作方法で完成品を増やしていっても良いかもね。

HGオリジン 旧ザクその5

今日はここまでです。やっぱりザクには汚しが似合うね。(クリックで拡大)

このHGオリジンはザクもこの旧ザクもすごくキットの出来の評判が良かったけど、実際造ってみて納得。良いキットに特有のスタイリングの納得感と、部品がパチッとハマっていく気持ちよさが味わえます。胸の左右の装甲が可動して手の可動範囲を拡大して、バズーカを両手で構えられるところなんか、ちょっと感動しちゃった。やっぱバンダイの技術ってすごい。

今日はそんな感じです。皆様楽しい模型ライフを!それでは!

HFUC F2ザク デカール貼りと仕上げ

HGUCギャンを射撃戦仕様に改造(4)完成!

HGUCジムカスタム量産型

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

HGUCマラサイ近藤版 マーキングと仕上げ

-プラモデル, HG オリジン 旧ザク
-

執筆者:

関連記事

HGティエレン地上型

HGティエレン地上型に武装マシマシにしてみた

本日の過去作の写真は「HGOO ティエレン地上型」(機動戦士ガンダム00)に各種装備を追加した「ティエレン重武装型」。もちろん公式設定ではなくて自分オリジナル。 HGティエレンはとても良いキットです。 …

マックスファクトリー 1/72 アイアンフット ヘイスティ

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ 基本塗装完了

調色に苦労したけど、基本塗装が完了しました。 色はほぼイメージ通り(クリックで拡大) ガイアのダグラムカラーを購入したんだけど、太ももや足の甲、腕部分の白は指定色だとかなりデザートイエローっぽい塗料で …

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

HGUCゲルググキャノンをトーマス・クルツ機として仕上げました。主な改造個所はスカートアーマーの大型化、胴体および太股の延長、太股の幅増し、全体的なスジボリ追加などです。

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ

マックスファクトリー アイアンフット ヘイスティ(サフチェック)

完成がそろそろ見えてきた状態。 サフ萌え(クリックで拡大) コンバットアーマーのプラモを作っていて思うのは、ガンプラやボトムズなどと違って作例の数も少ないので、ディティールアップ一つとってもあまり振れ …

HGUCジェガン

今日の過去作画像はHGUCジェガン(機動戦士ガンダム逆襲のシャアより)。 腰のところのパーツが一つなくなっているのに気が付きました(クリックで拡大) こちらはワタクシにとって思い出の一作なのです。 初 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。