名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモ便利小物・ツール

お値段たったの1万600円!DIYで強力に吸い込む塗装ブースを作ってみた!

投稿日: この記事は約10分で読めます。


プラモ制作で、同居の家族と折り合いをつけるのに一番揉めるのはおそらく、エアブラシによって発生する臭気の問題ですよね。
ワタクシは今まで長年、GSIクレオス Mr.スーパーブース コンパクトを愛用してきたのですが、この機種、静音性に優れていて、吸い込み機構自体は非常にコンパクトで良いのですが、パワー不足による吸い込み力の弱さ=ミストの吹き返しに悩んでいました。

そんなわけで、色々なブログで自作塗装ブースに最適と推薦されている換気扇のファンを取り寄せて、DIY初心者であるワタクシがなるべくお金をかけずに強力なスプレーブースを作ってみました。果たしてDIY初心者のワタクシが、うまいこと完成できるんでしょうか?「やれんのか!」(猪木)「やってみるさ!」(クワトロ)

用意した材料

  1. Panasonic 天井埋込形換気扇 FY-24BM6K・・・5,404円
    (タカラShop PayPayモール店で取り寄せ)

    DIYで自作した塗装ブースの素材Panasonic 天井埋込形換気扇

    そこそこ重量があるので、置くと安定します(クリックで拡大)

    DIYで自作した塗装ブースの素材Panasonic 天井埋込形換気扇_2

    丸い部分は風圧で開閉します(クリックで拡大)

  2. アイリスオーヤマ カラーボックス・・・975円(amazonで購入)
    アイリスオーヤマのカラーボックス_自作スプレーブース

    なんと、横幅41センチで、自室のエレクターにピッタリの幅でした(クリックで拡大)

    ※幅415ミリ×奥行き290ミリ×高さ305ミリです。

  3. フレキホース (直径10cm×長さ1.5m)・・・880円(amazonで購入)

    フレキホース_自作スプレーブース

    むかし学校とかで見た記憶があるアレですね(クリックで拡大)

  4. GSIクレオス Gツール GT03H Mr.スーパーブース用 ハニカムフィルター・・・372円(amazonで購入)

    Mr.スーパーブース用 ハニカムフィルター_自作スプレーブース

    これは代用できるものがなかったのでそのままスーパーブース用のものを取り寄せました(クリックで拡大)

  5. 換気扇用部材(コンセント)・・・439円(amazonで購入)

    コンセント用部品_自作スプレーブース

    正式な型番は「その他部材 P-01DC」です(クリックで拡大)

  6. 布製粘着テープ・・・110円(Seriaで購入)

    布粘着テープ_自作スプレーブース

    粘着力が強く、布製なのでねじれなどに強い(クリックで拡大)

  7. 焼肉用の金網・・・110円(Seriaで購入)

    焼肉用の金網_自作スプレーブース

    サイズに注意(クリックで拡大)

  8. 換気扇用フィルター・・・110円(Seriaで購入)

    油取りフィルター_自作スプレーブース

    マジックテープ式の固定用部材があるので便利です(クリックで拡大)

9. カラーボックスの奥側の板をカットするための工賃・・・2,200円(世田谷区みんなの木工房 D I Y好き。さんでやってもらいました。自分でできる場合はこの費用は不要ですね。)

合計で、10,600円でした。(送料は別です。でも私の場合、換気扇の送料が792円でした。あとはamazonとかは無料でしたね。プライム会員だから??)
あとは、木ネジを12本とか使いましたが、これは家にあったもので代用できたので、費用に入れないことにします。(まあ、買っても100円しないぐらいでしょう)

まずはカラーボックスの奥の板をカット

まずは一番手間がかかりそうな工程なのですが、ここは横着して、プロにお任せしてしまいました。

依頼したのは世田谷区にある「みんなの木工房DIY好き。」さんです。路面電車の世田谷線の世田谷駅から歩いて2~3分のところにある、店主さんがお一人でやってらっしゃる工房です。ここで、カラーボックスの奥板と換気扇ユニット本体を持ち込んで、実寸を測ってカットしていただきました。

木工房でカット_自作塗装ブース

さすがプロ。正確なお仕事でした(クリックで拡大)

作業時間は10分ほど。

「いや、お前モデラーなんだから、そのぐらい自力でやれよ」的なツッコミをいただくかもしれないのですが、これから長く使うものですし、板の中央を採寸どおりにキレイに、しかもきっちりと直線で切り出す、というのが難しい気がしたのでこの際プロに依頼しました。

カット加工済みのカラーボックス_自作塗装ブース

こちらがカット済みのものです(クリックで拡大)

実際にやってもらうと換気扇ユニットが隙間なくピッタリとハマったので、満足度は高かったです。

カラーボックスと換気扇を接続する

ここが作業の山場です。
実はここが終わるともう完成したみたいなもんです。

自作塗装ブース_換気扇とカラーボックスを合体!

自宅に合った木ネジを使いました(クリックで拡大)

先のパートで書き忘れましたが、奥板を切り抜く大きさは上の写真でいうと、換気扇の黒い枠の内側の寸法である必要があります。黒枠の外側だと固定できませんからね。

自作塗装ブース_切り抜きポイント

ここ大事!(クリックで拡大)

大事なことなのでもう1回言います。
上記写真のオレンジ色のラインの寸法でカットです。

あと、ちょっとした工夫ですが、後の工程で7.の焼肉用の金網をこの上に固定するのですが、木ネジの頭の部分をちょっと浮かしておくと、そこに金網を引っ掛けられるので、ネオジム磁石などを使って固定するよりも、しっかりと固定することが出来ます。

ということで、カラーボックスの本体の内側から木ネジで換気扇を固定します。
キリで穴を開けてネジを入れる穴を作るのですが、このカラーボックスの奥板は厚みがあまりないので、すぐに穴が空いてキリの先っちょが突き抜けてしまいます。ケガに注意!
キリを持っていない人は、モデラーなら誰でも持っているピンバイスで十分です。

上下左右、各3箇所ずつ、12箇所にネジを打っておきましょう。

テープを使って、換気扇とホースを接続する

ここは簡単な作業です。

上記で作った本体と、3.のフレキホースを6.の布製粘着テープを使って接続します。

自作塗装ブース_本体とホースの接続

ミストが漏れないようにピッチリと貼りましょう(クリックで拡大)

ホースの出口は、窓から屋外に出してあげましょう。(当たり前ですね)

本体内に金網とフィルターを固定する

最後に、金網を先程の工程で、ちょっとだけ奥板から木ねじの頭を出していた部分に引っ掛けて、取り付けます。

自作塗装ブース_金網の固定

ネジと本体の隙間に引っ掛ける感じで(クリックで拡大)

そして、上の写真のオレンジ色の丸で囲った部分ですが、8.の換気扇用フィルターに付属している固定用のパーツを本体に貼り付けたものです。(開封時に無くさないように注意)

これはとても便利と言うか、気が効いていて、片面が粘着テープもう片面がマジックテープになっていて、マジックテープの面でフィルターを吸着するようになっているのです。

自作塗装ブース_フィルターの固定

しっかり固定してくれます(クリックで拡大)

こちらもネオジム磁石で固定するよりも安心感がありますね。

最後に、4.のハニカムフィルターをハメ込んで完成です!
このカラーボックスの内寸サイズが幅390ミリ×高さ275ミリなので、それに合わせて切ってあげる必要があります。最後の工程ですが、焦ってケガをしないように注意!

完成!・・・と今後を見据えて準備

自作塗装ブース_完成

満足感が半端ない(クリックで拡大)

完成です!

自室のエレクター(金属製のパイプとか棚板を組み合わせて作る棚)に設置してみましたが、横幅がぴったりでした。
もちろん、注文する前に確認をしておいたのですが、左右の余裕は1ミリもないぐらいのピッチリ具合で、ちょっと焦りました(汗)

ちなみに、この状態では、電源のON-OFFの機能がないため、コンセントに繋いだら、電源は入りっぱなしになります(笑)。ワタクシの場合はコンセントを抜き差しして電源を入れたり切ったりしていますが、100均に行けばオンオフスイッチは売ってるので、この記事を読んで、同じものを作ろうなんて思った奇特な方は、ご手配いただければと思います。

そして、このブースは今後当然のように塗料のミストを浴びてギットギトに汚れる運命なわけで、そこには吸い込み損ねたミストの残骸が乾燥してホコリというかチリのように溜まっていくはずです。(いや、前のやつよりパワフルって言っといてどうなんだ?という感じもありますが、やっぱり完全には吸いきれないわけで、使ってるうちに汚れたりしますよね?)その残留物は、言うまでもなく身体に良いものでは有りません。

で、ワタクシとしては、内側にSeriaで購入した「リメイクシート」(110円)を内寸に合わせて切り、貼り付けておきました

自作塗装ブース_内側にリメイクシート

白いシートです(クリックで拡大)

これは後で剥がすことを前提にしたもので、汚れが溜まってきたら新しいシートを用意して貼り替えれば良いのです。ちなみに、自分の作業用机もこれを貼っています。
どうせ100円ですから、どんどん剥がして、貼り替えましょう!気持ちよく作業できます。

パワフルな吸い込み!

試しにティッシュペーパーを吸込口に近づけてみました。

自作塗装ブースの吸引力

吸い出し口から出てくるエアーも前の機種とは段違いでした(クリックで拡大)

2枚だけやってみましたが、もっともっと貼り付けても大丈夫そうです。
スーパーブースよりも断然パワフル。
それと、音ですが、スーパーブースも静音性に優れていましたが、こちらも、体感ですがスーパーブースの1~2割増しぐらいで、作動させていても動作音で同居の家族から苦情が来るようなことはなさそうです。やっぱり、シロッコファンだから、普通の、というかプロペラファンよりも静かなんですかね?

まとめ

という感じで、思い切って作業環境を改善するべく、塗装ブースを自作してみました。
費用としては1万円を切りたかったところですが、カットの工程をプロに依頼してでも正確な採寸でやっておいて、結果的には良かったと思います。

塗装用ブースで吸引力というか風量のパワフルなモデルは軒並み1万5千円とか2万円とか、ものによってはもっと高額なものもあるのが現状ですけど、筆者の場合はこれで風量・静音性・サイズ感とも必要十分と言った感じです。

それとやっぱり、既製品をポンと購入して使うよりも、自分で工夫して作り上げたDIYの道具のほうが、愛着も湧くものですし、故障したときに、どの部分が壊れたか、とか、直すのにどのくらいのコストがかかるのかとかが、見積もりもしやすいですから、運用上はメリットが大きいと思うのです。

こちら、ワタクシのような不器用者にも、何とか完成できました。

非常におすすめと言えます。

【有能】ダイソーのアルティメットコンテナの格納庫感がすごい!

-プラモ便利小物・ツール

執筆者:

関連記事

装動の収納に使えるセリアのボックス3

【有能】100均 セリアのブラスチック製の整理箱が装動の収納ケースとして完璧だった!

装動や掌動を30体以上リペイントしているので、飾る場所も厳しくなって来た。 で、こういう時は100均をまず探すようにしているんだけど、 100均だと失敗してもダメージが少ないから気軽に試せるよね(クリ …

食玩ベース レビュー

お値段たったの270円!食玩ベース レビュー

フィギュアを飾るとか、写真を撮るのに便利そうなグッズが見つかったので、レビューしてみようと思います。 コンパクトなパッケージです(クリックで拡大) 発売元はバンダイのキャンディトイ事業部です。 小さい …

ダイソー300円コンテナ

【有能】ダイソーのアルティメットコンテナの格納庫感がすごい!

近所のダイエーのテナントにダイソーが入っていてたまにプラモに使えそうな素材を物色しに行ってるんだけど、ネットで評判のアルティメットコンテナを試してみた。 側面から採光できるので光量が十分な写真が撮れる …

装動ジオラマにピッタリのセリアの土管

俺たちのセリアがまたやった!装動のジオラマにピッタリサイズの土管

小ネタです。 100円均一ストアのSeriaのミニチュアコーナーは、行くたびに新作をチェックしているのですが、今回も企画者の方が装動ユーザー需要を当て込んだとしか思えない商品を見つけてしまいました。 …

セリア100均ミニチュアコンテナ

【有能】100均ストア セリアのブリキコンテナが装動の撮影小物にピッタリだった!さらに意外な使い道まで!

ブログの写真が殺風景にならないように映り込む小物を日々物色しています。 seriaに売ってるブリキ製の小物入れがフィギュアの撮影の背景にちょうどよさげとネットで見つけたので試しに4つほど買ってみた。 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。