名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル

案ずるより産むが易し! 旧キット06Rザクのアルミ線接続にチャレンジ!

投稿日:2020年1月11日 更新日: この記事は約3分で読めます。


youtubeで見た旧キットの関節をアルミ線接続にしてプロポーションを改修する手法を前から試したかったので、3連休の初日にちょっとだけ着手した。

旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡ

超音波カッター無しではこの作業はできません(クリックで拡大)

やり方は至極シンプル。
キットの内側に5ミリ角のプラ棒をエポパテで固定して中央に穴をあけ、アルミ線を通すだけ。

旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡ

エポパテの接着力に依存した工作(クリックで拡大)

関節の可動を最初から切り捨てているから工作はひたすら力業でアルミ線の受けを本体内部にどういう風に固定するかを考えれば良いだけ。
あとはバーニアとか手首をアフターパーツに置き換えればそれなりに見えるような気がする。

旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡ

定番工作(クリックで拡大)

あとは旧キットの定番の加工ポイントである肩幅詰め。
昔だったらこの作業はノコギリでケガを心配しながらやるものだったけど、今は超音波カッターでサクサク進む。

旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡ

ずっと見てられる(クリックで拡大)

あと数日で基本工作は終わるだろうからディティールアップとか塗装で楽しめそう。
ええなあ旧キット。

装動仮面ライダーゼロワン

ヒジ部分の穴をパテで目立たないように埋めてます(クリックで拡大)

あとは装動のゼロワンを加工してます。
ゼロワンシリーズの装動の中でも一作目のこの素体は他のライダーのものよりフォルムが煮詰められていてカッコいい気がする。

装動仮面ライダーゼロワン2

ココの隙間が気になる(クリックで拡大)

バルカンでもやったけど肩アーマーと肩部分の軸のスキマが気になるので裏からプラ板で補強してからエポパテで埋めてます。

装動仮面ライダーゼロワン3

裏打ちで強度を確保(クリックで拡大)

完成するとほとんど見えないから自己満足のための工作なんだけどね。

装動仮面ライダーゼロワン4

UVライトも買ったしこの改造は映える(クリックで拡大)

あとは眼の部分をくり抜いて、バルカン同様に複眼のレジン化をする。

しかし旧キットほかにも色々と作りたいなあ。

-プラモデル
-

執筆者:

関連記事

1/100ガンステイドをGフレームでカッコよく

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その2)

前回勢いでやり始めちゃったガンステイドのGフレーム化ですがそこそこ順調に進んでおりんす。 机の上はヤスリカスで汚い(クリックで拡大) 写真だとどっしり構えてるように見えるけど、ほとんどのパーツはまだ固 …

コレクションシリーズ アビスガンダム

SEEDコレクションシリーズ アビスガンダム

昔の作品で、しかもところどころ作りが荒いのでブログに掲載するか迷ったのですが、アビスガンダムのコレクションシリーズを一日でサクッと作ったものを掲載します。 海の専任ガンダムって結構珍しい(クリックで拡 …

マックスファクトリー ブロックヘッド

マックスファクトリー ブロックヘッド (ディテール追加)

『(CB)アーマーターイム!』 今日もチマチマ進めているブロックヘッドの細かなディティールアップを写真掲載。 なんとも微妙な場所に。。。(クリックで拡大) 電撃ホビーのサイトの作例を参考に、股間部分に …

メルジーネ

1/35 メルジーネ(マシーネンクリーガー)

今日の過去作画像は「1/35 メルジーネ」(マシーネンクリーガー)です。 このカラーリングから何かを感じ取ってください(クリックで拡大) 実はこのメルジーネ、スコープドッグを模したカラーリングにしてあ …

アクティックギア ファッティー

過去の完成品にチッピングしてみた

だんだん暖かくなってきたのは良いんですが、花粉症がヤバいです。 プラモ歴が長い割になかなか上達しないワタクシですが、特に苦手な分野のひとつとしてウェザリング塗装があります。どうにも自然な感じの汚れにな …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。