名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HGUC ジェガン

HGUCジェガン

投稿日:2018年11月26日 更新日: この記事は約4分で読めます。


今日の過去作画像はHGUCジェガン(機動戦士ガンダム逆襲のシャアより)。

HGUCジェガンその1

腰のところのパーツが一つなくなっているのに気が付きました(クリックで拡大)

こちらはワタクシにとって思い出の一作なのです。

HGUCジェガンその2

初のグラデーション塗装にチャレンジ(クリックで拡大)

8年から9年ほど前になりますが、診断士の受験勉強を始める前、新宿の模型ファクトリーに通いつめていた時期がありました。その頃に知り合ったモデラーさんで、一時はプロとして雑誌に作例を載せていた元ライターの方に、色々と指導をいただきながら完成したものです。現在のワタクシのモデリングのテクニックは当時彼に教えてもらったことが下地になっています。

HGUCジェガンその3

背面図です(クリックで拡大)

主な工作は、胸の上部の出っ張りの部分を整面のために削り落としてからアフターパーツに置き換え、肩アーマー前部のバーニア部分、およびランドセル上部のバーニア部分もアフターパーツに置き換え、そして全身の緑部分をグラデーション塗装にしました。出来上がった時に、自分のレベルが一つ上のランクに上がったような気がしたことを覚えています。

HGUCジェガンその4

未だに満足感が高い作品なんです(クリックで拡大)

現在の自分はスキルアップを怠っているので、この作品のように丁寧な整面や塗装はできていません。丁寧に教えてくれた彼とも連絡がつかなくなってしまったので、自分で技術を上げていくしか無いんですね。まあ、無理にうまくならなければいけないものでもないので自分のペースでやっていければいいと思っていますけれども。

HGUCジェガンその5

今日はそんな感じです(クリックで拡大)

強いて言うなら、この作例を今見返してみると、スミ入れの黒が強すぎだとは思いますね。全身のグリーンの色に黒を混ぜるなり、グレーなどの色で墨入れすると、もうすこし大人っぽい仕上がりになったんじゃないかと思います。

今日はそんな感じです。皆様楽しいガンプラライフを!そして、模型作りの師匠がいると腕が上がりますよ!

■関連記事■

HGUCギラ・ドーガ

HGUCハイザック全塗装

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

HGUCギャンを射撃戦仕様に改造(4)完成!

-プラモデル, HGUC ジェガン
-

執筆者:

関連記事

BB戦士三国伝曹丕ガンダム

BB戦士三国伝 曹丕(そうひ)ガンダム

僕はボトムズの「ラストレッドショルダー」の映像を何百回観たんでしょう。そして、今でも毎回新鮮な気持ちで観ることが出来るんです。どんだけ好きやねんていう話です。 今日の過去作画像はBB戦士三国伝の曹丕ガ …

1/100ガンステイドをGフレームでカッコよく

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その2)

前回勢いでやり始めちゃったガンステイドのGフレーム化ですがそこそこ順調に進んでおりんす。 机の上はヤスリカスで汚い(クリックで拡大) 写真だとどっしり構えてるように見えるけど、ほとんどのパーツはまだ固 …

HGUCマラサイ近藤版

HGUCマラサイ近藤版 マーキングと仕上げ

かなり前に基本塗装までは終わっていたマラサイ。 関連記事:HGUCマラサイ 近藤版 基本塗装まで完了 急に仕上げをする気になったので、マーキング→ウェザリング→ツヤ消しトップコートで仕上げてみました。 …

タカラ1/35ストロングバックス

タカラ1/35 ストロングバックスの関節を全とっかえしてポリキャップ化してみた

今日の過去作画像は「タカラ1/35 ストロングバックス」(装甲騎兵ボトムズ)。 正面図。なかなかイケメンでしょ?(クリックで拡大) 実はボトムズのプラモデルの最初のリリースはスコープドッグではなくてコ …

マックスファクトリーラウンドフェイサー

マックスファクトリー 1/72 ソルティック ラウンドフェイサー

ザク、スコタコ、ティエレン・・・気がつくと緑色のメカばかり造っている量産型好きモデラーです。こんばんは。 今日の過去作画像は「マックスファクトリー 1/72 ラウンドフェイサー」(太陽の牙ダグラム)。 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。