名も無き量産機を愛するおじさんモデラーのプラモデルや食玩の製作記

プラモデル HGUC ジェガン

HGUCジェガン

投稿日:2018年11月26日 更新日: この記事は約4分で読めます。


今日の過去作画像はHGUCジェガン(機動戦士ガンダム逆襲のシャアより)。

HGUCジェガンその1

腰のところのパーツが一つなくなっているのに気が付きました(クリックで拡大)

こちらはワタクシにとって思い出の一作なのです。

HGUCジェガンその2

初のグラデーション塗装にチャレンジ(クリックで拡大)

8年から9年ほど前になりますが、診断士の受験勉強を始める前、新宿の模型ファクトリーに通いつめていた時期がありました。その頃に知り合ったモデラーさんで、一時はプロとして雑誌に作例を載せていた元ライターの方に、色々と指導をいただきながら完成したものです。現在のワタクシのモデリングのテクニックは当時彼に教えてもらったことが下地になっています。

HGUCジェガンその3

背面図です(クリックで拡大)

主な工作は、胸の上部の出っ張りの部分を整面のために削り落としてからアフターパーツに置き換え、肩アーマー前部のバーニア部分、およびランドセル上部のバーニア部分もアフターパーツに置き換え、そして全身の緑部分をグラデーション塗装にしました。出来上がった時に、自分のレベルが一つ上のランクに上がったような気がしたことを覚えています。

HGUCジェガンその4

未だに満足感が高い作品なんです(クリックで拡大)

現在の自分はスキルアップを怠っているので、この作品のように丁寧な整面や塗装はできていません。丁寧に教えてくれた彼とも連絡がつかなくなってしまったので、自分で技術を上げていくしか無いんですね。まあ、無理にうまくならなければいけないものでもないので自分のペースでやっていければいいと思っていますけれども。

HGUCジェガンその5

今日はそんな感じです(クリックで拡大)

強いて言うなら、この作例を今見返してみると、スミ入れの黒が強すぎだとは思いますね。全身のグリーンの色に黒を混ぜるなり、グレーなどの色で墨入れすると、もうすこし大人っぽい仕上がりになったんじゃないかと思います。

今日はそんな感じです。皆様楽しいガンプラライフを!そして、模型作りの師匠がいると腕が上がりますよ!

■関連記事■

HGUCギラ・ドーガ

HGUCハイザック全塗装

HGUCゲルググキャノン トーマス・クルツ専用機 完成

HGUCギャンを射撃戦仕様に改造(4)完成!

-プラモデル, HGUC ジェガン
-

執筆者:

関連記事

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ(仮組み)

とにかく一度組んで、形を見たかったアイテムなので、サクッと。 異端なシルエット(クリックで拡大) すごく特徴的な形状なんですが、さすがマックスさん、立体物として組んでみると、カチッとまとまってて好印象 …

アクティックギア ファッティー

過去の完成品にチッピングしてみた

プラモ歴が長い割になかなか上達しないワタクシですが、特に苦手な分野のひとつとしてウェザリング塗装があります。どうにも自然な感じの汚れにならないんですよね。 しかし、プラモ作りの作業の大半は「習うより慣 …

旧キット高機動型ザクⅡアルミ線接続

06R大地に立つ! 旧キットMS-06R 高機動型ザクⅡのアルミ線接続(2)

楽しすぎる旧キット弄り。 どうでしょうこのゴリラ体形(クリックで拡大) 関節以外にいじったのはフンドシ部分を前側に延長したのと、肩幅の詰めぐらい。 あとは右肩のシールドがちょっと薄くて頼りなかったので …

プチッガイ レッドショルダーカスタム

プチッガイ レッドショルダーカスタム

箸休め的にプチッガイを塗装。 マークは右肩です(クリックで拡大) マーキングはwaveの1/35AT用のデカールを使用。 レッドショルダーのマークがいいアクセントに(クリックで拡大) もうこれ以上書く …

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ(改修)

マックスファクトリー 1/72 サバロフ AG9 ニコラエフ(改修 その2)

シンプルなパーツ構成で、部品の合いも良好なので、もうそろそろ完成が見えてきました。 もうちょっとディテールを入れたい(クリックで拡大) 足の甲の走行の四角いスリットの部分ですが、ここは抜けていて中が見 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。