食玩にチョイ足し塗装と小改造が中心のブログ

食玩・カプセルトイ Gフレーム

【改修+全塗装】Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン 完成

投稿日:2021年8月3日 更新日: この記事は約4分で読めます。


やりきった感あります。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_1

スジボリの間引きと塗り分け強化(クリックで拡大)

ほぼ全塗装です。

装甲の白部分は2色の塗り分け。NAZCAのウォームライトグレーと、ウォームライトグレーに白を混ぜた色で塗り分けてあります。
ブルーはガイアのボトムズカラーのラビドリードッグに使った色を塗っています。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_2

筆塗りでリタッチを多用しています(クリックで拡大)

肩や腰アーマー、スネ部分の小さなバーニアはガイアのスターブライトブラスを筆塗り。
バックパックの大型バーニアと胸のバーニアの内側はMr.カラーGXのメタルレッドです。
足とコックピットハッチの赤はガイアのブライトレッドです。基本色なんですが、Mr.カラーのレッドよりもいい色だと思います。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_3

やはりバックパックのバーニアを置き換えたのは正解だったと思います(クリックで拡大)

全身にガンダムデカールを貼り情報量をアップ。
スミ入れは白い装甲部分はグレーで、青い装甲はブラックのエナメル塗料でやっています。
やはり白い部分に黒で墨入れするとクドくなるし、完全に拭き取って白部分を復活させるのが難しいからです。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_4

後ろ姿がいい意味で大袈裟なんですよね(クリックで拡大)

Gフレームのサイズで筆で細かいところを塗り分けるのははっきり言って大変なのですが、やったらやったなりの見栄えがするものですね。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_5

シールドにデカールを貼りまくりました(クリックで拡大)

あと、肩口のセンサー部分にはラピーテープのグリーンを貼っています。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_6

0083系はF2ザクとGP02もラインナップされています(クリックで拡大)

ポージングはやりたいのですが、塗装したGフレームはかなり脆くなるので、今回はやめときます。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン_7

それでは!(クリックで拡大)

そんじゃまた。

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン 改修中

Gフレーム ガンダム試作1号機フルバーニアン レビュー

【全塗装】Gフレーム ジム・カスタム(エゥーゴカラー)

-食玩・カプセルトイ, Gフレーム

執筆者:

関連記事

Gフレーム ガンダム5号機 開封レビュー

Gフレーム ガンダム5号機 開封レビュー

Gフレーム06のガンダム5号機をいまさら開封。 突然スイッチが入るのはいつもの癖です(クリックで拡大) 今回は大振りなガトリングガンが特徴的。 男らしい装備です(クリックで拡大) バックパックから給弾 …

装動 リバイ

制作中の装動たち(バルカンアサルトウルフ、ディケイド、リバイ)

塗装が苦手なもので、なかなか完成しない制作中の装動たちです。 加工はほぼ完了しています(クリックで拡大) まずはバルカンのアサルトウルフ。 胴体の1ミリ延長、膝関節の丸穴隠し、関節部分の形状をなるべく …

1/100 ガンステイド

Gフレームを骨組みにしてSPTのガンステイドを!(その4 完成)

フレームと外装のすり合わせに悶絶しながらなんとか完成。 通称「グラドスの着せ替え人形」(クリックで拡大) こうしてみると、ザ・大河原メカ感がすごい。 真っ赤なバーニアってなかなか見たことない(クリック …

装動 仮面ライダーセイバー

装動 仮面ライダーセイバー 製作途中写真

年内最後の更新は装動をリキ入れて改造している途中写真を掲載しておきますね。 無改造でもなかなかの見栄えですね(クリックで拡大) 左側が改造中のもので、右側がノーマル状態です。 ノーマル状態の方はシール …

【改修+全塗装】装動 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ

【改修+全塗装】装動 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ

装動ゼロワンシリーズから仮面ライダーバルカンアサルトウルフです。 ゼロワンシリーズは今見るとかなり細身に見えます(クリックで拡大) 改修箇所は頭部などの尖っている部分をヤスリがけによるツンツン化、胴体 …

オールドプラモを愛するおじさんモデラーの日記です。一日で完成できるミニサイズのプラモデルや食玩も大好物です。

徒然なるままにプラモ制作日記や、食玩のレビューなどを掲載しています。